アンケート調査で気になるポイント

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > アンケート調査で気になるポイント

アンケート調査で気になるポイント



アンケート調査の大元


多くのプロバイダーで導入が急速に進んでいるアンケート調査ですが、会員登録するとショッピングポイントがお得に増えるあるいは、発売前の新商品を他の人に先駆けて無料体験できるなどお得感満載という事もあって、参加者が続々と増えています。
1回ごとに獲得できるポイント数は決して多くはないのですが、継続して協力していくと意外と貯まっていきますしお買い物も節約できますから、登録しておいて損はないでしょう。

一連のアンケート調査は何のために行われるのか一応事前に簡単に説明されていますから、それをしっかり熟読していればお分かりのはずですが参加者はしっかり最後まで熟読しているでしょうか。
ポイントがもらえるという点にだけ関心がインプットされているものの、実はしっかり読んだ事がないという人のために改めて再確認をしてみます。

実施している大元はマーケティングリサーチを請け負っている業者会社です。発信がプロバイダーである場合はマーケティングリサーチを担当する部署が大元になります。
対象となる対象者に一括して質問事項を送信する事によって得たデーターを、依頼主である企業に提供しています。
企業は自社の市場拡大や商品開発を推し進める際に、これらのデーターを活用します。

ただし個人情報保護に対して年々厳しくなっているご時世ですから、きちんと対象者らの同意を得た上での調査になります。
筆頭に同意を求める文書を提示されるのはそのためです。
参加する対象者はきちんと文書を熟読し納得できてから参加すべきなのです。

逆に「同意しました」欄にチェックを入れたという事は何でも聞いてくださいという意思表示をした事になるのです。
おきまりの質問事項に職業や居住県などを聞かれるのも対象を絞るためです。
アンケート調査をしよう!


アンケート調査をやる意味


アンケート調査を実施するのはマーケティングリサーチを請け負う専門業者ですが、依頼主は一般企業とは限りません。
シンクタンクやコンサルタントあるいは国土交通省など各省庁や商工会がユーザーになっている事も多いのです。
政府機関からのアンケート調査というと電話調査を思い浮かべるのですが、もちろん電話経由で実施される事もありますし面談による調査や郵送調査なども活用されます。

携帯端末やPCの普及でネットアンケートも増えました。
懸賞投稿のように行き当たりばったりで当たるかどうかが最後まで不明というものとは違い、参加すれば確実に何かはもらえるアンケート調査の方がポイントでのお買い物に利用できるお得感がある事に加えて、企業の運営に協力する事で社会参加している満足感を少しだけ得る事ができますから、対象者にとっては参加するメリットがとても大きい事になります。

企業にとっても多くの対象者からの率直な意見やアイディアを獲得できますから、メリットはあるのです。
自社で行う事も選択の1つですが業者を使う事でより幅広いユーザーからのデータを取得できる事に加えて分析および解析まで代行してもらえる場合もありますし、分析によってデータから新たに気づかされる事もあります。

今後の企業方針に指標が与えられますし、それがマーケティングにも活かす事ができますから、企業として得られるものは大きいのです。
実際多くの企業から自社商品による売り上げ実態や評価を正確に知りたいといった企業としての思いが業者へ寄せられてきます。
今後もアンケート調査のニーズは増えていく傾向にあります。
マーケティングリサーチ会社の選び方は?


個人情報扱いが気になる人へ


アンケートに協力する際に最も気がかりなのは個人情報の扱いです。
多くの場合無記名が基本ですし謝礼を受けるか、モニター参加以外は、住所および電話番号も無記入が原則です。
ただしプロバイダー会社の所属部署がリサーチも担当している場合は、当然こちらの個人情報の詳細を把握しているはずですから、注意するのに超した事はありません。

ただし個人情報保護法にのっとって行われる調査ですからそこは信頼するしかありません。
アンケート開始する前に必ず提示される条文ではありますが、再確認のために明記されている事をおおざっぱに上げてみます。
個人情報への取り組みとして独立した運営組織が立てられていて役割や責任および権限まで細かく設定されていますし、適切な運用管理もされています。
目的を持って実施されるようにあらゆる対策も講じられています。
当然苦情や相談にも柔軟に応じる窓口が設置されており速やかな改善がされるように尽力されます。

実際の扱いに関してはアンケート実施の様式にもよりますが、書面以外で受け取る事も多々ありますしその場合でも依頼主の目的が達成されうる範囲での個人情報取得になります。
取得方法は依頼主ならびに職人にいたるまで必要に応じての取得になります。
万が一情報漏洩などといった事態になった時は大元の業者自身の個人情報もあます事なく被害を受けられた対象者向けに情報公開していく姿勢も、業者側で明らかにされています。

アンケート実施は双方の信頼関係を元に行われるものですから、個人情報は厳重に扱われるのです。今後アンケート調査を利用する際には、きちんと必要事項が明記されているかどうかを熟読してみてください。
詳しくはマーケティングリサーチコンシェルジュまで!

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S