アンケート調査のクロス集計などは代行業者の利用が便利

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > アンケート調査のクロス集計などは代行業者の利用が便利

アンケート調査のクロス集計などは代行業者の利用が便利


マーケティングリサーチの必要性



現在、毎日のように新しい商品やサービスが生まれており、企業の販売競争は熾烈を極めています。
競争を勝ち抜くためには商品やサービスに「他社と違う魅力」を打ち出す必要があることは言うまでもありません。

そのために、企業は研究開発などによって技術・性能面の差別化を図ったり、特色を持ったコンセプトを打ち出したりして、消費者に受け入れられる商品やサービスの開発・プロモーション活動などを進めています。

このような活動を進めるために、アンケート調査などで消費者ニーズを把握し、商品開発やプロモーションに生かすケースも多く見られます。

顧客が現在の商品やサービスに満足しているのか、不満な点は何なのか、求めているものは何か、など顧客に関するさまざまな情報を入手・分析し、各種企業活動に役立てることはマーケティング活動を進めるための基本と言えます。

「マーケティングリサーチ」とは、企業が製品・サービスを提供するために必要な情報を収集する活動です。

消費者(ユーザー)の数(市場規模)、属性、ニーズ、競合企業の状況、法規制、販売チャネルの状況など、マーケティング活動を行うために必要な情報は多岐に渡ります。

当然、把握したい情報内容・目的によって、調査方法も異なり、アンケート調査、ヒアリング調査、グループインタビュー、観察調査、POSデータ分析など多様な調査方法があります。

そのような中で、市場調査の手法例として、アンケート調査が活用されるケースは非常に多いです。

主に顧客やユーザーの実態・評価・ニーズなどの傾向を定量的に把握する目的で実施されます。

例えば、選挙における政党支持率や、好きなタレントのランキングなどもアンケート調査によって明らかにされています。

ただし、アンケート調査結果を単純に全体の集計結果(単純集計)だけで分析することはまずありません。

昨今、消費者ニーズが多様化していると言われて久しいですが、消費者・ユーザーの傾向といっても、性別による違い、年齢による違い、居住地による違い、年収による違い、子どもの有無による違いなど様々な要素によって、商品やサービスに対する評価、考え方が異なることは明らです。

例えばシニア向けの旅行商品を開発しようとした場合、単に60代以上の方のアンケート結果を踏まえた商品では魅力的な商品は生まれにくいのではないでしょうか。

同じシニアであっても、性別や資産状況、働いているか否かなど、より細かな視点でターゲット属性を理解した上でターゲットを設定し商品開発に生かすことが重要です。


単純集計とクロス集計



アンケート調査では各回答項目に対する回答結果をまとめる作業(集計)が発生します。
集計方法は回答結果を単純に集計する単純集計、回答結果を複数の属性別に集計するクロス集計、多変量解析など様々な方法があります。

例えば、国政の政党支持率を問うアンケートで、特定の政党名をひとつあげ、「支持する」「支持しない」「わからない」で選択された回答によって比率で表し、それぞれ、50%、40%、10%と示したものは、単純集計によるものです。

単純集計では、全体に対する支持者、不支持者の占める割合を知ることはできますが、回答した人物の性別や年齢、居住地など、属性別の傾向の違いは把握することができません。

クロス集計では性別や年齢、居住地などの属性別に回答を集計し、分析を行うことができます。
例えば、そば屋とうどん屋が使う「だし」「味覚」はエリアによって違うと言われています。

また、こってり味、あっさり味に対する評価も性別や年齢による傾向の違いがありそうです。
このような嗜好性や商品に対する評価を取得する際に、エリアや年齢による傾向の違いを明らかにする方法としてクロス集計が用いられます。

また、広告を認知した人と認知していない人で商品に対するイメージがどのように違うのか?百貨店とファストファッションを併用する人はどのように使い分けているのか?など、単なる性別・年齢・居住地だけではない視点を軸に分析するケースも多くあります。


アンケート調査は代行業者に依頼



クロス集計は、年代と性別や〇〇の利用経験などといった傾向の違いが現れそうな視点を設定した上でクロス集計を行います。

しかし、アンケート調査では集計、分析の前段階の準備が重要であることを理解しておかなければなりません。
アンケート項目に設定していない視点では分析ができない、クロス集計した際のそれぞれの軸のサンプル数が適切か、通常、複数回答を軸にしたクロス集計は実施しないなど、調査票を設計する場合には、予めどのような視点で分析したいかを考慮すること、回答者が回答しやすい質問構成にするか、サンプル数を十分に確保できそうかなどを考慮することが重要で、ある程度知見も必要とされます。

また、アンケート方法をweb、郵送、電話などどのような方法を選択するのか、実施後の回答データのチェック、集計、分析は誰が行うのかといった問題もあります。

案件の規模にもよりますが、通常業務をこなしながら並行して集計作業を行うとなると、スタッフに大きな負担となります。

そのような時に、市場調査会社に依頼すると、面倒な作業だけでなく、データの集計、分析、報告書の作成まで豊富な経験と技術で代行してもらえます。

経費、労力、質の高い作業内容とどれをとっても調査会社に依頼する方がはるかに効率的と言えるでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S