ニーズ調査の方法は確実な選択で

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > ニーズ調査の方法は確実な選択で

ニーズ調査の方法は確実な選択で



市場はいったい何を求めているのかを知ること


ニーズを知るということは、顧客の求める商品やサービスの投入に重要な要点となってきます。
商品やサービスを提供したい相手を知ることによって、ニーズに合った商品やサービスを提供することができますが、これが難しいことは確かです。
企業側が良いものと認識して商品やサービスを投入していたとしても、顧客が必要としないものは選ばれない以上、ニーズを見つけていかなければなりません。
ものがいいのだから売れるというのが全てではないことを自覚しなければ、生き残っていくことができないでしょう。

ニーズを正確につかむということは、マーケティングの基本概念となる部分です。
世の中には品質の優れた商品・サービスが複数存在し、その多くの商品・サービスが顧客から認識されています。
その中で、少々品質の良いものを投入したところで、大きな差をつけることができないということも考えられるでしょう。
また、実際にはさらに品質を高めるのが難しくなってきているということも考えられます。
品質で差別化をするのも難しくなってくる以上、市場のニーズを出来るだけ正確に把握し、顧客の要望に応えていかなければいけません。

ニーズ調査をするということは、簡単なことではないのは確かです。
顧客の属性は様々であり、ニーズもバラバラだからです。
このため、ニーズを把握するといってもどういった層を対象とするのか検討した方が良いでしょう。
また、ニーズを調査する方法もいろいろとありますが、どういったことをすれば効果的なのかということは知らなければいけません。
それが自分でできるかどうか、それとも専門業者に依頼したほうが得策なのかを考えていくことも必要になってくるからです。

分析して結果を出すところまでが重要


ニーズを把握するにあたっては、顧客が考えていることを分析する必要がありますが大変複雑です。
まさに十人十色になっている場合もありますが、その中でどういったニーズを取り入れるのか考えなければいけません。
顧客の声を取り入れるのは重要ですが、より大きなニーズはどこにあるのかを見つけることが必要です。

このため、どういった層を対象に調査をするのか明確にした方が良いでしょう。
また、どんな情報が欲しいかも明確した方が良いでしょう。
これらは調査を行う上で重要となってくることですので、調査を行う目的から検討する必要があります。
ニーズ調査を成功に結び付けるためには、目的が非常に重要となることを忘れてはいけません。

目的を中心に考えると、どんな情報をどんな層から取得すると効果的なのかが見えてきます。
そこから計画を立てていくことによって、必要な情報が取得でき、調査結果を有効に活用することができます。
調査項目に関しても、調査目的を基に検討していけば、情報の精度を高めることができます。
また、調査で得られた情報は収集したままでは不十分です。
得られた情報の中から、自分達にとって有効な情報(ニーズ)が何なのか分析をしていくことで、より有効的な活用といえます。
時間はかかりますが、調査を行う目的を明確にしていくことによって確実な精度の高い情報を手に入れることができるようになります。
これらの情報を基にして意思決定をすれば、ニーズ調査をした価値が出てくるようになるのですから、プロセスが狂わないようにすることは重要なことです。
ここで見えてくるのは、こうした作業を独力で行うのは難しいということです。
調査の設計段階から難しい問題にあたることでしょう。
調査をうまく設計できなかったがゆえに、精度の低い情報の取得となってしまうのであれば、ニーズ調査をする価値を失ってしまうことになってしまいます。
だからこそ、プロに依頼するという選択肢が選ばれることになります。

専門家の力を借りよう


自分たちにとって有効な情報を取得するためには、適切な項目、調査対象者の設定が必要になります。
これを怠れば必要な情報が得られず、問題が出てきてしまい、ニーズをうまく見つけることができない可能性が高まってしまいます。
これでは、そもそもニーズ調査をする理由がありません。

ニーズを把握するにあたってはどのような情報が必要なるのか検討し、それに合わせた調査項目の設定が必要となりますが、これはとても難しいことです。
また、専門家であればこれまでの事例から適切な項目の設定を行うことができますが、調査の経験に乏しい素人がそうした作業を行うのは大変です。
また、有効な情報を取得するにはより多くのターゲットに調査を実施する必要があり、素人では難しいことも出てきます。
このように有効な調査を行うためには、専門家への依頼が必要となってくるでしょう。

情報は精度が低くては活用することが難しくなります。
それも、最後まで徹底していかなければ意味がなくなってしまいます。
将来的なことを考えて情報を活用していくことになるのですから、精度の低い情報をもとに事業戦略を立てることは、将来を失うことにも繋がりかねません。

ニーズ調査の方法は、多岐にわたります。目的に応じて効果的な手法を使い、有効な情報を取得できるようになるので、専門家である調査会社にどういった方法を選択するべきかが相談してみましょう。
また、相談するにあたってはどんな目的でニーズ調査を行いたいのか、どんな層を対象に調査を行いたいのかある程度明確にしておきましょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査会社への依頼や選び方について
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査を行おう
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S