ネットリサーチのメリットや活用方法、業者の選び方

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > ネットリサーチのメリットや活用方法、業者の選び方

ネットリサーチのメリットや活用方法、業者の選び方



ネットリサーチのメリット



ネットリサーチの利用を検討している企業も少なくないでしょう。

現在ではインターネットが普及し、一般家庭から企業まで幅広く利用されています。
インターネットにアクセスできるツールも以前はパソコンのみでしたが、現在はスマートフォン、タブレットと幅広く、利便性はより高くなっています。

ネットリサーチとは、インターネットを利用して行う調査手法です。
主にアンケートの手法をとることが多く、リサーチを実施したい層に対してネット上で設問に回答してもらい、その結果を集計分析する方法です。

なお、回答者は大きく2つに分かれます。

リサーチ会社が抱えているモニターと呼ばれる会員の中からターゲットとしたい対象者に対してアンケートを実施する方法と、自社の顧客や従業員、会員などリサーチ会社のモニター以外の既に保有しているリストを活用して、それらの層にインターネットのアンケートサイト(特定のURL)を告知して、インターネット上でアンケートに回答してもらう方法があります。

これらのリサーチで得られた情報は、消費者ニーズの理解、商品開発、販売戦略、広告戦略の立案を行うための基礎情報として活用されることが多いです。

また、アンケートに興味を持った層に対して、商品案内を行うなど、アンケートとプロモーションを兼ねた施策を実施するケースもあります。

ネットリサーチにはいくつかメリットが挙げられます。
まず、比較的短時間で調査ができる点です。企業の中には短時間で情報を収集しなければならないケースもあります。

もしそのような企業が、街中に足を運び通り過ぎる人一人ひとりに用紙でアンケート調査を行っていたら、集計できるデータが集まるまでにたくさんの時間を消費することになります。
もしネット上でアンケート調査をすれば回答の回収に掛かる作業をスピーディに行うことができるため、街中で歩行人に話を聞くよりも効率的に調査を行うことができます。

また、他の調査手法と比べて低コストで調査を実施できる点も大きなメリットといえます。
ネットリサーチは訪問調査や郵送調査などと比べて、調査票の印刷費、郵送費、データ入力費など調査に掛かるコストは抑えられるため、低コストで調査を実施できます。
このため、多くのサンプル数を必要とし、コストが嵩みそうなケースではネットリサーチが選択肢の筆頭に挙がってくるでしょう。

さらに、ネットリサーチのメリットはニーズに合わせて、対象者の範囲を自由に選択できる点です。
ネットリサーチの場合、モニターの登録情報から対象となる層に対し、回答の協力を依頼できるため、全国規模の調査はもちろん、ニッチな対象に対しても調査を実施することができます。

このようにネットリサーチには様々なメリットがあるので、予算やその他の手法のメリットと比較しながら、調査手法を検討してみましょう。


ネットリサーチの活用事例について



では実際にネットリサーチはどのような時に活用されることが多いのでしょうか。
主な活用例としては広告宣伝の効果測定や、製品やサービスの評価測定などが挙げられます。

企業ではサービスや商品の認知度を高めるためにテレビCMを始め、ネット広告や交通広告、販促物など様々な広告宣伝手法を活用しています。
こうした広告宣伝を行うにあたっては予算を考慮しつつ、ターゲット層に合わせた広告宣伝手法の検討が必要になります。

また、本当にターゲット層に対してのアピールに繋がったのかどうか広告宣伝活動の効果を検証し、随時改善を行っていかなければなりません。
そうした広告宣伝の効果検証にはネットリサーチの活用ができます。

対象とするターゲットに対してアンケートを実施することにより、広告宣伝の認知度や印象等を把握することができ、これらの情報から課題を抽出し、広告戦略の見直しに役立てることができます。

また、ネットリサーチによって製品やサービスの顧客から評価を把握することにより、開発戦略や販売戦略の立案に役立てることができます。

世の中のニーズが目まぐるしく変化する現代において消費者から製品やサービスの購入・利用理由、印象、改善点といった生の情報を把握することは、適切な開発戦略や販売戦略を立てるには非常に重要であり、多くの企業がネットリサーチを活用しています。

ネットリサーチの活用方法はこの他にも様々あります。
このため、まずは実施目的を伝えてネットリサーチ会社に気軽に相談してみましょう。


業者の選び方



実際に調査の必要性を感じている企業の中には、ネットリサーチの利用を検討している人は多いでしょう。
現在、調査を行ってくれる会社は複数あるので、選び方に迷う人も少なくありません。

業者を選ぶ際には費用も大事ですが、モニターの質、量や実績、対応力等も重要です。多くのモニターを有している企業の方がサンプル数の取得は容易ですし、ニッチなターゲットであっても調査に応じてくれる可能性が高いです。

ただし、多くのネットリサーチ会社はモニターに対してポイント等の謝礼を提供して回答者の協力を得ています。
当然、ポイント目当ての人が多くなり、すべて適当に回答するモニターがまぎれるケースも少なくありません。

このような回答をするモニターを定期的に管理しているか?等モニターの質を維持する取組み状況はネットリサーチ会社によって差があります。
モニター数に対してどの程度アクティブな会員がいるのか等にも差があり、単純にモニター数だけでは判断できないのが実情です。

また、ネットリサーチ会社は非常に多くの案件を同時に回しているケースが多いです。分析まで依頼する場合、分析担当者のレベル感は同じ会社でも差が出てきます(レポート作成を外部スタッフに委託しているケースも非常に多いです)。

複数の業者に声を掛けてみて、見積りを比較しながら、設問設計の方法、ノウハウ、担当者のスキルなどを意識して業者選びを行えば、後悔の少ない調査を実現することができるでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S