フィールド調査を利用する事で様々なことがわかってくる

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > フィールド調査を利用する事で様々なことがわかってくる

フィールド調査を利用する事で様々なことがわかってくる



フィールド調査で構想を実現できるか可能性を探る


マーケティングにおけるフィールド調査は、今、商品販売、サービス提供などを行っている業者にとって有効利用できる調査といわれています。
これはどういったことを行うのかというと、調査員が調査対象地に出向き行う調査で、これによって様々な事を理解する事が出来ますし、わかったことをこの先マーケティングに活かすことができます。

たとえば新しい事業構想を持っている時、それを実現するためには本当に実現可能な構想なのかどうか、という事を調べる必要があります。
現実に可能な事業なのかどうか、それを知らずにいきなり新しい事業をするという事は非常に危険な事です。構想を実現するために必要な調査がフィールドリサーチであり、このリサーチを行う事で顧客の開発なども考えることができます。

企業がこれから先を見越して考える構想について、今別の事業の顧客がどのような反応を示すのか、また全く関連性のない人たちが興味を持ってくれる構想であるのか、実際に意見を聞くという事が重要な調査です。
情報、データをただ集めて顧客を得ることができるだろう、これはうまくいくだろうという事は安直で、フィールドの調査を行う事でうまくいくだろうという事がどれだけ実現に近い事なのか理解する事が出来る調査なのです。

このようなフィールドに対する調査は現在、各企業が注目し、実際に幅を広げて行っていることで、新しい事業に参入する際また新商品の開発構想が出ている時など、実際に行うに当たり大きな費用を必要とするプロジェクトなどでも調査がおこなわれています。
不確実性な構想をより現実に近づけた状態で、将来の展望が見えるところから始める、その為に行っておくべきフィールド調査についてどのような事が出来るのか理解しましょう。
フィールド調査をしよう!


現場に出向くことで得られる生の声


新しい事業を展開する時、また新しい商品開発を構想している時、気になるのは利用してくれる顧客が本当にいるのかどうか、この事業が成功するのかどうかという点です。
不特定多数の方に様々な意見を聞いてみたいという場合もありますし、対象者を絞り、地域を絞って意見を調査したいという場合もあります。

このような場合に利用できるフィールド調査ではどのような事がわかるのかというと、調査の仕方によっては非常に多くの事が得られます。
例えば、フィールドに出向くことでしか得られないような情報、ニッチな対象者つまり商品に興味を持ってくれるかどうか判別できないすきまにいる対象者に直接話を聞くことができます。

お店に来てくれる人は実際にそのお店に興味を持っている人ですが、事業を展開していない、また店頭に出るはずのない構想中の商品、試作品段階の商品などについて意見を求めるのは非常に難しい事です。
しかしフィールドに出向いて調査するという方法なら、実際に多くの方と会い、その商品に対する評価、意見を聞くことも可能です。

動かずにただ調査する、アンケートをとるという事では決して得る事の出来ない意見を拾ってくることができるこの調査は、生の声を聞けることで文章であれば一言かもしれないけれど、その方と直接話すため細かく意見を聞けるという利点もあります。

興味を持つかもしれないし、全く興味を持たないかもしれない、すきまにいる対象者に意見を聞くという事も重要です。
うまくいけばニッチな対象者も、顧客として取り込むことができるのです。現場に行くという事で得られることは非常に数多いのです。
マーケティングリサーチ会社の選び方は?


広告浸透率はどうなのか?このチェックができる事の有利性


企業も店舗も、インターネットを活用しうまく商品の広告、宣伝を行っています。現代は家庭に1台パソコンがありインターネット環境も整っているという状態といわれていますので、ネットを利用するという事は、店舗も企業も当然のマーケティングとなっています。

ネットがあるからアンケートについてもネット上で繰り広げればいい、という事も言われますが、ネット上、例えばメールやフォームなどを利用し意見を求めようとしても、しっかりアンケートに答えてくれる人は少ないという現状があります。しかし実際にそこにいって意見を聞くというフィールド調査の場合、その人から色々な情報を引き出すことができます。

例えば広告に関しても「この広告ネットで見たことがある」とか「テレビのコマーシャルでよく見る商品だよね」など、どこからどんなふうに顧客が情報を得ているのか、年齢、性別、仕事色々な事をデータ化し、例えば30代女性の場合、スマホでランチの時間にネットで情報を得ていることが多いなどの結果を得ることができます。
こうする事で広告をいつの時間帯、どのタイミングで多く配信する事が欲しい顧客年齢層に見てもらえるのか?という事もわかってくるのです。

広告がどのくらい認知されているのか、宣伝効果はあるのかという点を理解できるという事は、見てくれていない無駄な広告費用は削り、見てくれる方への広告、宣伝費用にプラスすると考える事もできます。
広告の浸透率というのは商品の販売、サービスの提供に重要な課題です。浸透率がどうなのか、これを知る事もできるフィールド調査は様々な使い道があるマーケティング手法です。
詳しくはマーケティングリサーチコンシェルジュまで!

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S