マーケティングリサーチを活用しよう

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > マーケティングリサーチを活用しよう

マーケティングリサーチを活用しよう



マーケティングリサーチとは



マーケティングリサーチとは商品・サービスのマーケティング活動を行う目的で市場のニーズを調査することを指します。
企業の中にはマーケティングリサーチの実施をしているところも少なくなく、こうした業務を調査会社に委託して行っているケースが多くなっています。

マーケティングリサーチが活用できるケースは多く、メリットも大きいです。例えば新商品を検討する際にマーケティングリサーチを行うのは有効です。
新商品を検討するにはまず市場性(需要)を確認した方が良いでしょう。

需要性が高く、市場規模の大きな製品であれば、新商品を販売することである程度売上高を見込むもできるでしょう。
一方、需要が少ない市場において新商品の開発・販売をしてしまえば、企業が背負うリスクは大きくなってしまいます。
また、顧客のニーズを把握することも重要です。

例えばネットリサーチを活用して、商品を販売したいターゲット層から直接商品に対する希望や改善点に関する情報を取得することにより、新商品の企画や開発に活用することが可能です。

また、既存商品の改善、見直しの際においてもマーケティングリサーチは有効活用することができます。
基本的に一度開発すれば改良せずにそのまま売り続ける商品は少なく、更に利便性の高い商品にするために既存のものを見直し、顧客の求める性能を取り入れたいと考えるところが多いでしょう。

しかし、企業の中には具体的に利用者が改善して欲しい点を明確に把握することは難しく、改善すべき点を透明化することができないケースも少なくありません。
もしマーケティングリサーチを行って既に商品を利用している人に対しアンケート調査などを行えばどのような点を改善すればより良い商品提供ができるのか把握することができるので、商品の改良に役立てることができます。

このようにマーケティングリサーチを活用すれば、適切な開発戦略、販売戦略を立てることが可能となるため、事業リスクの低減に繋げることができます。
一方、マーケティングリサーチを行わず、事業を展開することは変化の激しい現代において大きなリスクとなってしまいます。
マーケティングリサーチを行うことで全てのリスクを失くすことは難しいですが、需要やニーズなどを把握することによってリスク低下を期待できるため、積極的に行うべきでしょう。


マーケティングリサーチで把握できることとは



マーケティングリサーチで把握できることには何があるのでしょうか。
できることの一つとして挙げられるのが、顧客のニーズに関する情報です。

例えば商品の利用者の満足度やどのような点に魅力を感じるのかといった情報を収集できます。
また、収集した情報を分析、解析することも可能です。
収集した情報を分析することで商品の課題点や利点などを明確化することができます。利点を知ることで更にその点を伸ばすために改良を進めることができます。
また、課題点を把握し、改善を図ることにより顧客満足度を高めることができます。

こうした情報を把握することは、今後の戦略を主観的ではなく客観的に判断していくための材料となります。
商品戦略を立てるにあたり、開発担当者がその商品を評価する時、客観的な判断をすることができないケースも多いです。

担当者の主観的な判断で戦略を立ててしまえば事業を成功に導くことはできません。
一方で商品の利用者を対象として調査を実施した場合、実際に商品開発に携わっていない人の意見を収集できるため、客観性がありかつ新たな事実を把握できる可能性があります。

この他にマーケティングリサーチによって把握できることは、特定商品の市場規模や自社商品のシェア率などが挙げられます。
現在では海外進出を検討する日本企業は増えており、進出検討にあたってマーケティングリサーチを活用し、市場規模の把握などを行うケースは非常に多くなっています。


マーケティングリサーチを行う際の業者の選び方のコツ



企業の中には新商品企画、開発や既存商品の改善を行うためにマーケティングリサーチの利用を検討している人も多いでしょう。
しかし、自分達で人員や時間を掛けてマーケットリサーチを行うのは難しい企業も多いでしょう。
そういった際には調査会社を利用するのが便利です。選び方としてはこれまでの実績や費用、対応しているリサーチ方法など挙げられます。

例えばリサーチ方法においても調査会社の中には、ネットリサーチを得意としているところもあれば、訪問調査を得意としているところもあり様々です。
調査方法によってそれぞれ利点が異なります。

例えばネットリサーチであれば回答を集めやすい点やコストダウンを期待できるなどの利点を挙げることができます。このため、自分が利用したい調査方法が対応可能かどうか確認しましょう。

費用を気にする企業も多いと思います。
調査会社には把握したい内容の概要を伝えれば、業務に掛かる費用を見積もってくれます。
複数の会社から見積もりを取り、比較を行った上、マーケティングリサーチを行えるようにしましょう。
しかし、安価で対応してくれる調査会社だからといって調査の品質が高いとも限りません。調査実績も十分考慮した上で、依頼する調査会社を選択しましょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S