定性調査とは何か

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 定性調査とは何か

定性調査とは何か

定性調査とは何か?定量調査との違いは?


商品やサービスの実態を把握するため、実際に使用している人たちからニーズや改善点を把握したいと思っている方もいるでしょう。こういった場合にはマーケティング調査を実施するのが一般的です。しかし、いざマーケティング調査をしようと思ってもどんな調査をすればいいのか、どんな方法があるのか知らない方も多いかもしれません。適切な調査方法が分からないとせっかく調査を依頼しても有効な結果を得られず失敗してしまいます。このため、目的に応じてどのような手法で調査を行うか検討する必要があります。
マーケティング調査の手法は大きく分けると定量調査と定性調査の2つがあります。どちらの内容も知りたいという方は多いでしょうから、それぞれの内容と違いについて説明します。まず定量調査では数値化できる情報を多くのサンプルを使って収集し、そのデータを基に傾向やニーズを把握するのが特徴的です。定量調査は交通量調査のような機械的に結果を集計し分析するケースや、選択形式のアンケートを実施し、その回答を集計・分析するケースなどがあります。アンケートであれば選択式の回答となるため、選択肢ごとの回答結果を集計することにより、数値的に明快なデータが得られます。
定量調査にはこのような特徴がありますが、定性調査はインタビュアーの質問や回答者の行動観察などによって、数値では把握できない情報を取得することができる方法です。例えば定量調査ではAかBのどちらが好きかといった質問項目にAかBといった決まった選択肢でしか回答を得ることができません。一方、定性調査では一口に好きであるといっても、Aのどこが好きか、なぜ好きになったのかといったように、質問項目を深く掘り下げることによってより深い情報を取得することが可能です。こうした調査結果の中には、今まで把握できなかったニーズの発見に繋がるケースもあり、非常に有効な調査手法です。
このように、二つの調査においてはそれぞれ調査方法や特徴が異なります。このため、マーケティング調査を行うならそれぞれの調査の内容についてしっかりと理解しておくことが大切です。

定性調査の種類について


定性調査には様々な調査手法があり、それぞれ特徴も異なります。調査をしたい内容に応じて使い分けすることが重要です。ここではどんな種類があるのかご紹介します。まず1つ目はグループインタビューです。これは商品やサービスに関する質問を行う司会者と複数名の回答者と会場を用意し、質問項目に関して意見交換を行うという方法です。例えばグループインタビューでは年齢や性別、職業など様々な属性グループを用意することができ、それぞれの意見を聞くことができるので、魅力的です。また、複数名で意見を交換することによって、議論が活発化し、1対1のヒアリングでは得られなかった情報を取得できる可能性があります。
2つ目はインデプスインタビューです。これは質問者と回答者が1対1の面談形式で質問に回答する方法です。1人に対してより詳しい情報を細かく聞くことができるので、それぞれの回答者が質問に対しどんな意見を持っているのかを深く掘り下げることができます。
続いて3つ目は訪問観察調査です。これは簡単に説明すると家庭訪問を行って商品やサービスの利用状況を調べるために行う調査です。メリットとしては商品やサービスが使用されている環境を直接把握することができる点です。直接確認することでどんな場面で役立つのか、どんな商品と併用されているかなど調べることが可能です。
4つ目には行動観察調査があります。これは実際の行動状況にできる限り近づけ、その様子を観察することにより有効な情報を取得する方法になります。例えば商品が販売されているショップでどの時点で購入のための意思決定がされているのか、どのような商品と一緒に購入されているかなどをチェックすることができ、当事者のありのままの状態を把握することができる方法なので魅力的です。このように、定性調査でも調査方法は様々であり、調査目的に応じて適切な手法を選ぶようにするといいでしょう。

調査会社にまずは相談してみよう


定性調査などのマーケティングリサーチを行う際、どこの会社に調査を依頼するのか慎重に検討することが、調査を成功に導くためには重要です。費用を支払って調査依頼するからには満足のいくような調査結果を得られるようにまずは調査会社にどんなことを把握したいのか相談してみましょう。
どの調査会社に依頼をするかどうかは一度相談をしてみないことには実績や対応力を把握することができません。調査会社によっては問い合わせに無料で答えてくれるところもあるので、そのような会社に1度どのようなことができるのか相談してみましょう。
なお、調査会社は調査手法によって得意不得意もあるため、調査の相談する際には調査の目的や検討している調査手法を事前に整理しておくことも大切でしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S