広告調査によって広告に何が必要なのか理解できる

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 広告調査によって広告に何が必要なのか理解できる

広告調査によって広告に何が必要なのか理解できる



魅力ある広告かどうか広告調査をしてみよう


地方に行くと、テレビコマーシャルでその地方だけに流れる商品コマーシャルを見ることができるので、その地域では当たり前のように見る広告が新しいと感じることもあるでしょう。
今、広告は大手企業が行うものではなく、中小企業もお店も、広告媒体を考えることで様々な宣伝、広告を考える事ができます。

インターネットが各家庭で利用されることが多くなり、これまで知る事もなかった商品を、ネット上の広告で見て、商品を購入したり、サービス提供を受けたりしたことのある経験をお持ちの方は多いと思います。広告も優れたものであれば、人が注目し、どんなに小さな企業やお店のものでも、今はネットを通じて話題になり、全国区となる事も少なくありません。

映像配信サイト等があるため、誰かが面白いと感じた地方のコマーシャルを紹介し、それをネットユーザーが見てこれは面白いと感じれば、さらにその人がまた広げていくという時代になっているので、いくらでもユーザーが広がっていき、商品やサービスがいきなり全国展開に及ぶという事も夢ではありません。
しかし逆に大手が打ち出した広告でも、ユーザーの心に響かない物であれば、ただすきまにある広告にしか感じません。広告活動が本当に効果を発揮しているのか、成果があるのかそれを調べるのが広告調査です。

現代は様々な媒体で広告ができるため、どこにどのような広告をどんなふうに展開していけばいいのか等知るため、広告調査を行う事も多くなっています。
この広告を行って、実際この広告を見て商品を購入された人はいるのか、サービスを受けた方がいるのか、興味を持ってくれた人がどのくらいいるのか、調査は広告について様々な事を調べ、それを商品売上、サービスの向上、新規事業開発などに活かしていくために利用されています。
広告調査をしよう!


広告調査で理解出来る広告認知度


広告調査はどのような事を行うのかというと、企業のサービスや業務、また商品などについて直接リサーチするという事ではなく、広告そのものについてリサーチを行うというものです。どのような調査を行うのかというのは、調査を依頼する側、それを実行する側で最もよいとされることを考慮し調査していきます。

例えば、テレビコマーシャルを行ってみた、何度かそのコマーシャルが流れた時点で実際にそのコマーシャルに記憶があるかどうかを調査してみる、このことでどのような印象をもったか、ネットの広告であれば、それを視聴してみたか、視聴したならどういう感想を持ったか、視聴しなかったのはなぜかなど様々な事を知る事ができます。

また広告を実際に見て記憶している人がどのくらいいるのかという事を調べることで、認知度がわかります。
広告は元々、商品やサービスを知ってもらいたい、利用してもらいたいという事で行うものなのですから、調査によって広告を見ている人、記憶に残った樋人がどのくらいいるのかというのは重要な事です。

広告はインターネット利用にしてもテレビコマーシャルとして流すとしても費用がかかります。特にテレビコマーシャル等利用する場合、費用はかなり掛かりますので、見てもらえないという事なら別の媒体を考える必要も出てきます。
自社が売り出したい商品やサービスをどの年代が利用するのかという事によっても、広告を打ち出すタイミングが重要になりますし、今、人々がどのような事に注目しているのかという事を理解する上でも、広告調査は非常に利点があるのです。
マーケティングリサーチ会社の選び方は?


広告に興味を持っている方々の環境、年齢層がわかる


広告調査を行う事で自社の商品やサービスをどの年代、どの業態の方が利用されることが多いのかという具体的なデータとしてみることもできます。
商品によって若い世代しか利用しないと考えられるものもありますし、年齢を重ねた人の方が利用する商品という場合もあります。
広告を見ている人、関心を持った人、記憶に残ったという人達の年齢データをとる事で、どの年齢層に支持があったのかという事もわかります。

例えばスマートフォンなどは若者向け商品というイメージが強かったのですが、現在は年齢が高い方々も自由に使いこなし、多くの方がスマホユーザーとなっています。企業にとって意外な事が起きていることを知るという意味でも、広告調査はしておくべき調査といえます。
また、企業が企業名などを多く知ってほしいとコマーシャルを打ち出した、でもコマーシャルでは企業名ではなく商品に注目が集まったという事もあります。競争相手が多い場合などは、商品もそうですが、企業名を知ってほしいと考える会社も多いので、この場合、広告の調査によって意図していない展開になっているという事がわかります。

商品名をしっかり理解してもらったことはよしとしても、では次に企業名を多くの方に浸透させるにはどのようなコマーシャルが必要になるのか、どのような広告を打ち出せばいいのか、調査によってこうしたことも考える事が出来るのです。

商品や企業が持っているブランド力がどの程度浸透しているか、何が魅力となっているのかという事も理解する事ができますし、商品などを実際に利用してくれている年齢層が分かれば、この先、どういう展開で動いていけばいいのかという事業指針も考慮する事ができます。
詳しくはマーケティングリサーチコンシェルジュまで!

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S