海外進出において見落としがちな点

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 海外進出において見落としがちな点

海外進出において見落としがちな点

未知の海外市場に打って出るため


海外市場に打って出ることは、文化の違いからも大きな障害を持っています。
日本は島国であり、隣国とは海を隔てている地理的条件が特徴です。
そのため、他国の文化との融合が薄く、この点はビジネス面においても障害になっているでしょう。
また、言語の違いも大きな障害といえ、海外市場に参入するのは容易ではありません。
このため、進出にあたっては海外市場に関する情報収集を行った上で、計画を立てた方が良いでしょう。
しかし、文化や言語の違いにより、情報の精度を高めるのは容易ではありません。
海外市場調査というものは、それほどに技術が必要であり手間がかかる調査です。
逆に考えれば、質の高い海外市場調査を実施し、有益な情報が集めることができれば、事業を成功に結びつけられる可能性が大きく高まるということです。
このため、多少手間であっても、調査は実施するべきでしょう。


海外市場調査は専門性の求められる分野であるため、海外市場調査を日頃から取り組んでいる企業に依頼するのが良いでしょう。
そのような企業に依頼し、得られた有益な情報は費用を上回る価値を生み出す可能性が高いです。
また、海外市場に参入するにあたっては、現地の政治情勢や社会情勢の把握も必須です。
日本は安定しているため、どうしても目がいきにくくなりますが、途上国などでは政治情勢や社会情勢の変化に伴い、投資環境が大きく変化するリスクが生じます。
現地の政治情勢や社会情勢に関する情報を把握しておくと、日本とは全く異なる環境であってもスムーズに対応できるでしょう。

海外進出にあたって把握すべき点


海外市場調査では、現地の法規制や税制に関する情報も把握することができます。
現地の法規制や税制について把握していなければ、事業を行う上で思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。
海外で事業を行う場合には、この部分について十分留意すべきでしょう。
こうした商習慣に関わる情報の把握は、非常に重要です。
日本の常識が海外でも常識であるとは限りません。
現地の基本的な情報は、把握しておくことをお奨めします。

こうした基本的な情報を抑えた上で、海外市場調査によって市場のポテンシャルを判断するための情報を収集していきましょう。
市場規模はもちろん、参入プレイヤーや顧客のニーズ等、様々な情報を把握できます。
把握したい内容に優先度を付けた上で調査を実施しましょう。

これらの情報を収集した上で、初めて参入できるかどうかが見えてきます。
さらに綿密に調査を重ね、エリア/国別など詳細に情報を収集し、分析することができれば、失敗の確率を下げていくことが可能です。

高い精度の情報を求める場合には、専門業者に依頼するのが良いでしょう。
自分達で調査を行うことを考えている企業もいるでしょう。
しかし、社内のリソースのみで精度を高められるとは限りません。
未知のエリアの情報を把握するには、思いのほか時間が必要です。
さらに、現地の人間でなければ情報収集がうまくできないケースもあります。
そんな時には、専門業者であれば対応できることも多いです。
海外市場調査には高いハードルありますが、それを乗り越えるには専門業者に任せるのが一番です。

専門業者に依頼するということの価値


専門業者に依頼するメリットとして、
言語の違いや文化の違いがあっても有益な情報を収集できる点です。
英語を話すことができれば、現地で調査を行えるという単純なものではありません。
地域の状況などを理解した上で調査を行わなければ、思うように情報を収集することはできないでしょう。

また、ネットを活用すれば、有益な情報が手に入るというのは間違いです。
ネットで把握できる情報は最新のものではないケースが多く、さらに海外の場合は、情報の信憑性が低く、こうした情報を基に海外進出を判断するのはとても危険です。

こうしたリスクを軽減し、精度の高いリアルな情報を把握できる専門業者の活用は、とてもメリットがあり、一度検討してみるのが良いでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査会社への依頼や選び方について
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い
5位 市場調査の豆知識や相場について

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S