競合他社の調査をしよう

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 競合他社の調査をしよう

競合他社の調査をしよう



競合他社の調査をするメリットとは?


これから新たに事業の立ち上げを検討している企業は少なくないのではないでしょうか。
しかし、新たなに事業を立ち上げて成功に導くためには、少なくとも市場環境や競合の状況をきちんと把握しておかなければならないでしょう。
この内、ここでは競合他社を調べるメリットを紹介します。

まず1つ目のメリットとしては、新事業の立ち上げにあたってマーケットの参入のしやすさを確認できる点が挙げられるでしょう。
検討している事業と同じ領域の事業を行っている企業はどんなところなのか、どのくらい規模で事業を行っているのかといったことを調べるだけでも市場参入の難易度や市場ポテンシャルが想定でき、参入の検討材料にすることができるでしょう。

2つ目のメリットとしては検討している事業と同じ領域の事業を行っているトップ企業を調べることにより、その企業の強みとなっている部分(製品やサービス内容、価格、販売の仕方等)を把握し、その情報を自社の事業に活かすことができる点でしょう。
これは新規に事業を立ち上げる場合ではなくても活用できるメリットです。自社が課題と考えている部分について他社の情報を把握し比較検証を行うことで、自社の状況改善を図ることができるでしょう。

このように、競合他社の状況を調べることは自社の事業拡大において、非常に有効です。
ではどのよう競合他社を調べれば良いのでしょうか


競合他社を調べる方法は?


現在競合他社を調べる方法としては、まずオープン情報を集めるデスクリサーチがあります。
これはホームページや雑誌、新聞等のメディアなど競合企業に関して公表されている情報を収集する方法です。
今日はインターネットの普及に伴い、こうした情報の収集は簡単に行えるようになりました。

費用や時間を掛けずに行うには最適な方法でしょう。
しかし、あくまで公表されている情報ですので、自分たちが本当に知りたい情報を入手できるとは限りません。
また、ホームページの情報やIR情報であれば信頼性が高い情報ですが、オープン情報の中には信憑性が疑わしいものも存在します。この点も留意しなければいけないでしょう。

デスクリサーチではとても欲しい情報が手に入らない場合はどうすれば良いでしょうか。その場合は、専門業者に調査を依頼する方法があります。
専門の調査会社は把握したい内容に応じて費用や期間、調査手法等の提案を行ってもらえます。
もし、競合企業についてより多くのことを把握したい、精度の高い情報を入手したいと考えているのなら専門の調査会社の利用を検討しましょう。


競合調査はどこに依頼をすればいいのか


競合調査を依頼する場合、どのような調査会社が良いでしょうか。
調査会社自体はたくさんあるのですが、会社によって対応しているサービス内容が異なります。
そのため、まずは競合調査が可能かどうか確認し、対応できるところに依頼しましょう。
また、調査会社のホームページには過去の実績や対応している業界などを表示しているところもあります。このような情報を参考に調査会社を選定するのも良いでしょう。

競合調査の場合、把握したい内容によって費用や期間は大きく異なってきます。
また、調査会社によって把握できる内容も異なってきます。
このため、調査を行う前には必ず打ち合わせを行い、費用や期間、成果物のイメージ等を擦り合わせておく必要があります。
この点を怠ると満足できる調査が行えない可能性が高くなってしまいます。
実績が豊富な会社であれば適切な調査提案やフォロー対応をしてもらえますので、そうした点も留意して調査会社を選びましょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査会社への依頼や選び方について
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い
5位 市場調査の豆知識や相場について

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S