競合他社調査によって情報を活用する

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 競合他社調査によって情報を活用する

競合他社調査によって情報を活用する



経営資産を最適化できる競合他社の調査



企業にとって、市場の動向というものは重要な意味を持ちます。戦略決定に関しても重要ですし、マーケティングの展開にも影響を及ぼすでしょう。
また、実際に商品やサービスを提供する立場になった場合は、まず顧客を知らなければなりません。
顧客が分からなければ、どんな商品やサービスを要求しているのかが分からず、経営資源を無駄に消費することになるからです。

そのため、経営資源の効率を最大化させるということでも、市場調査は欠かすことができないものであると言えるでしょう。
特に競合他社がどういった動向なのかを知ることができれば、最も効率的な手法を打つこともできるようになっていきます。

こうした情報を得る方法にはいくつかありますが、顧客の側から情報を得ることができるのが、相談センターなどの設置です。しかし、この方法は顧客の自発的行動にかかっている部分が強く、クレームなどから分析していかなければなりません。情報の量も膨大で、積極的に集めていくこともできないでしょう。

それに比べて、マーケティングリサーチを使うと、積極的に顧客へアプローチをかけることができます。
顧客の視点として、競合他社の情報まで調査することが可能です。
こうした情報を活用することができれば、確実性の高い商品やサービスを投入することができるようになるでしょう。もちろん、経営資産も無駄に消費する必要がなくなります。

かつては、広告などによって消費を刺激し、消費を拡大していこうと考えていました。供給主導の考え方ですが、この考え方はすでに限界を迎えていると言えるでしょう。だからこそ、消費者主導の考え方として、こうしたマーケティングがとられるようになったといえます。
市場調査をしよう!


自社に有利な展開を作るために



マーケティングリサーチにはいろいろな項目がありますが、中でも市場価格は大変重要な意味を持つでしょう。一体どの価格帯が適正なのかを見つけていかなければ、どんなに優れた商品でもサービスでも受け入れられることはありません。
景気動向も関係し、競合他社の動向によっては、価格帯が変動してくるからです。
こうした情報を得ることで、自社に有利な展開を作り出すこともできます。

市場価格の推移が見えてくれば、そこに大きな穴が開いているのがわかることもあります。
せっかくの市場なのにもかかわらず、要求されている価格帯が高すぎる場合、安価なサービスを投入すれば、市場で有利に展開できるでしょう。
逆に高いレベルのサービスを求め、安価な商品やサービスでは満足していないことが見えてくれば、設定価格を引き上げてもハイスペックな商品やサービスを投入することができます。

マーケティングリサーチとしては、ターゲットをより細かく絞り込むことができるか否かが重要でしょう。
例えば地域を絞り込むことによって、商圏範囲内の価格を知ることができます。
同時に競合他社の動向も見えてくるようになるのですから、サービスの投入に関する時期や価格の判断に役立つでしょう。
絞り込み方の方法次第では、新店舗の投入など、経営戦略に関わる決断に役立てることができます。
他の地域との比較で、潜在顧客の存在も見えてくるようになるでしょう。

価格調査といっても、情報を多角的に集め、的確な比較ができれば、多くの情報を掘り起こすことができるようになります。一つの方向性のみならず、さまざまな利用ができるように検討をしてみてください。
価格調査をしよう!


情報を握るものの優位性



競合他社の同行を知ることによって、商圏範囲の調査も行う価値が出てきます。
新規出店などに関して、机上論での商圏範囲ではなく、競合他社の状況把握によって想定を正確に求めることができるようになるからです。
もちろん、潜在顧客の存在も明らかにすることができるでしょう。
新規出店とともに新規商品や競合他社が持っていないサービスの投入によって、大きな利益を上げることもできるようになります。

また、商圏範囲の調査を行うことによって、エリア特性も見えてくるようになるでしょう。
どんな場所でも、すべて同じ条件が揃うということはありません。
経営戦略を考えるうえで、エリア特性に合った商品やサービスの投入は絶対条件です。間違った判断をとれば、資源を無駄に消費することにつながるのですから、形態に至るまで、正確に判断し投入することが求められるでしょう。
そのためには、的確な情報を握るということが欠かせません。

現代社会において情報戦に負けるということは、即時撤退といった事態につながりかねません。
情報は日々変化しており、正確な情報を持つことは、企業にとって最大の防御策となることもあるでしょう。

マーケティングというと、攻撃的なイメージがありますが、情報戦ということを考えれば、防御策として有効に活用するべきです。
特に競合他社が多い場合、一手打つのが遅くなれば、それだけの損害も覚悟しなければいけません。
情報を握るものは、判断のスピードでも勝ち得るのですから、競合他社を含め調査をしていくことは欠かせないことだといえるでしょう。
詳しくはマーケティングリサーチコンシェルジュまで!

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S