自社商品のシェアを調査しよう

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 自社商品のシェアを調査しよう

自社商品のシェアを調査しよう



自社商品のシェアを調査して知っておこう



日本は世界と比較しても経済規模が大きく、国内市場に参入したりしている海外企業もたくさんあります。しかし、日本で活躍する企業はとても多く、多くの企業が他社と競い合って多くの人に自社商品を選んでもらわなければならない状況にあります。そのためには調査が必要です。調査をすることで市場規模やその推移を予測することができるからです。基本的に調査をする時は市場規模の調査の業務をしているところに依頼することになります。

依頼をすることで、まずは市場規模の推移を知ることができます。自社で商品開発をしている企業においては、どのぐらいその市場の中で伸びているのか、それとも減少しているのかを把握することができます。例えばある企業では、今後テレビの商品開発の予定があるとします。もし調査をせずにテレビを開発してしまい、売れ行きが悪ければ企業に与えるダメージはとても大きくなるでしょう。当然商品開発には工場を稼働させたり、部品を購入しなければなりません。人件費や商品開発における部品などの費用が必要になります。テレビについて既に大手の企業が多くのシェアを誇っており、その隙間に入ることができなければ、売り上げを伸ばすことができません。また、多くのご家庭には既にテレビがありますから市場が伸びないというケースもあります。

市場調査をすることで今後の将来的な有望性を把握することができるため、商品開発をすればどのぐらいの売り上げを上げられるのかを把握することができます。その他にも同じ業種の中で競い合っている企業はたくさんいますが、自社商品と競合商品のシェア率を知ることでポジショニングを明確にすることができます。シェア率を明確にすることで今後どのようなマーケティング手法が好ましいのかを判断するサポートになるため、商品戦略立案に活用できます。



競合商品の売り上げ規模や市場構成の顔ぶれを知ることができる



市場調査をすることで競合商品の売り上げの規模を把握することができます。とある企業のような商品を開発したいと思われている別の企業も少なくありません。同じ商品の開発を行っている競合企業では売れ行きを伸ばし、多くの利益を上げているところもあります。企業の中にはどれぐらいの利益を上げているのか気になるという方も少なくないでしょう。

例えば、相手の売り上げ規模を知ることによって競合会社が販売している商品の良い部分だけを取り入れられ、更に自社製品には追加機能や利便性を高めることで差別化戦略を検討することができます。これによって優位に自社商品のシェアを伸ばすことができる可能性があります。さらに、その市場の顔ぶれを把握すればその市場に参入するかどうかの判断基準として活用できる可能性があります。



自社商品のシェア率を調査してくれるリサーチ会社の選び方



自社商品を開発している企業はシェア率について知りたいと思っているところも多いのではないでしょうか。調査するためにはいくつか方法はありますが、その中でも正確な情報を得たいならリサーチ会社への依頼を検討するといいでしょう。依頼をすれば自社商品のシェア率などを具体的に調べてくれますが、リサーチ会社は複数あるので選び方も肝心です。これからどこのリサーチ会社をセレクトするのか検討中の企業に向けて、選ぶ際のポイントを紹介します。

まず1つ目は、どんな調査手法に対応できるのかの確認です。リサーチ会社はそれぞれ対応できる調査手法が異なります。商品のシェア率を調べるのにヒアリング調査やアンケート調査など様々な手法に対応している企業もあれば、アンケート調査しか対応していない企業も存在しています。そのため、リサーチ会社を選ぶときはどんな調査手法に対象なのかというのを前もって確認することが大切です。ここをこだわらないといざ依頼をしたとしても調査が終わってみれば、あまり有益な情報ではなかったと失敗する可能性もあります。失敗を防ぐためにもどんな調査に対応できるかということと、得意な調査は何かということをリサーチ会社に問い合わせてみましょう。

続いて2つ目は、自分達にとって有効な調査報告を行ってくれるかの確認です。調査が完了したら、基本的に依頼主に結果を伝えることとなりますが、調査報告はそれぞれのリサーチ会社によって異なります。中にはたくさんの資料を持って結果を伝えるというところもあり、具体的に説明をしてくれるので魅力的ではないかと思う人も多いかもしれません。一方、簡潔に調査や集計結果を伝える企業もあり、自分達にとって何が重要になのか前もって検討しておくと良いでしょう。

そして3つ目の選ぶときに大切になってくるポイントは、費用や納期です。例えば、依頼する人の中には相場が分からないという方もいますが、その状態で依頼をしてしまうと適切な調査内容にならず、それによって費用が嵩んでしまい、適当に選ぶと予算オーバーということも考えられます。また、調査によっては時間がかかることもあるので、あらかじめ納期が決まっている場合は、リサーチ会社に相談すると良いでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査を行おう
2位 市場調査の予算の使い方とプロのコンサルタントへの相談
3位 市場調査会社への依頼や選び方
4位 市場調査を通じて競合他社の納期を確実にチェックするなら
5位 広告調査によって広告に何が必要なのかを知る

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S