コラム 市場調査

市場調査の豆知識や市場調査会社の選び方

市場調査を行おう


商品やサービスを顧客へ提供して利益を得ている企業では最低限の調査は行っています。
そもそも市場調査とは何かということですが、例えば街頭インタビューやインターネットでの意見などで一般の方から様々な意見を聞くことなどが挙げられます。
近年ではこういった調査を専門的に行っている市場調査会社が存在しており、依頼することで様々な調査を専門的に行ってくれます。
ここ最近ではインターネットなども普及しており色々なことを知ることも可能なので市場調査を行う方が有利になりますが、実際に市場調査会社に調査を依頼することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここではどのようなメリットがあるのかについてを説明します。

まずは第三者の意見をたくさん聞けることです。
基本的に市場調査での目的としては企業が現在提供しているサービスに対して利用者からの意見を聞くことができるということです。
意見もそれぞれで満足している人もいれば、不満を持っていると答えてくれる顧客もいます。
いいことばかりではなく不満などの意見も聞くことができるので商品を提供している場合は改善点などを見つけることができより多くの人たちに納得してもらえる商品を作り上げることができます。

また顧客の要望を把握できるというのも魅力的です。
市場調査では現在提供している商品以外にも、このような商品があったらと顧客の要望も聞くことが可能です。
例えば不便なことや大変なことなどの意見を取りまとめることもできます。
次の新商品に向けての市場調査も行うことができるので魅力的です。

その他にも魅力的な部分は最新のトレンドを調べることが可能な点です。
近年ではインターネットの普及により一度話題になると世界中に広まることもあります。
しかし、流行している商品であってもブームが終了してしまうと売れなくなる傾向にあります。
その為企業側は常に最新のトレンドを調べておくことでタイミングを間違えることは少なくなります。
市場調査では今のトレンドはもちろん、これからのトレンドについても予想することができるので魅力的です。
このようにメリットはいくつかあるのでユーザーの意見を聞きたい人やトレンドについて知りたいと思っている人は市場調査会社への依頼を検討するといいでしょう。


市場調査会社に依頼する時のポイント


市場調査を進めるにあたってただ単に調べるだけでは明確な情報を聞き出すことができない場合もあります。
市場調査会社に依頼することである程度知りたい情報を聞き出すことができますが、依頼する企業側も考えなくてはならないポイントがいくつかあるので紹介します。
まず市場調査の目的を忘れてはいけないという点です。
基本的に市場調査の目的の多くは売り上げをアップさせることに活かすことです。
単なる興味本位で調べてしまうと本来の目的を見失ってしまいます。
その為調査の目的は明確にしてから市場調査会社に依頼をするようにしましょう。

また費用対効果についても見極めましょう。
基本的に市場調査と言っても調査内容によっては発生する費用が異なります。
中には調査をして売り上げアップに繋がればどれだけ費用を出しても問題ないと思っている人もいますが、せっかく多くの商品を購入してくれたとしても売り上げの数値が低ければ調査の意味がありません。
調査を依頼する時には費用対効果についても予め考えて依頼をするといいでしょう。

その他にもポイントとしては反省を忘れないことです。
例えば市場調査を依頼しても売り上げが上がらなかったり、うまく情報が活かせないと実施した意味がありません。
商品の内容によっても効果は異なることがありますが、企業によってはそこで諦めてしまうところもあります。
市場調査は続けることも大切なので効果がいまいちだという場合には反省をしっかりして次に繋げましょう。



市場調査会社の選び方について


市場調査を行うにあたって業者に依頼をするという場合には市場調査会社の選び方も重要です。
選び方にこだわれば売り上げアップにもつながる可能性があるのでここでは後悔しない選び方についてを紹介します。
まず選び方として大切なのが海外への対応もしてくれるかどうかです。
市場調査は国内に限らず海外に拠点や店舗を持っている企業もいるのでこういったところでは海外の調査をしたいと思っている企業が増えています。
実際に市場調査会社によっては内容が異なりますが、中には海外への対応も行ってくれるところが存在しています。
国内と海外では反応や考え方も違うのでしっかりと隅々まで調べたい企業は海外へのリサーチもできる市場調査会社を選ぶといいでしょう。

その他にも気軽に相談できるかについて確認をしましょう。
例えばネットやメールなどで気軽に相談することができたり電話相談を行えたりなど相談が気軽にできるところもあるので、まずは相談から始めたいと思っている人は問い合わせが気軽に行えるところを選ぶようにしましょう。