コラム 市場調査

市場調査の豆知識や相場について

市場調査でできることは複数存在する


企業にとって市場調査をすることは重要で、実際にこれから調査をしようと思っている企業も多いのではないでしょうか。
しかし、市場調査と言ってもできることは一つではありません。
複数の調査方法が存在しているので、ここではどんなことができるのかについて説明します。

まず1つ目にできることとしては 市場の規模とその推移動向を知ることができる点です。

例えばこれから販売をしようと思っている商品に関してその商品に関しての市場規模やどのくらいの売り上げが出ているのか、トレンドはどのようになっているかなどを調べることができます。
こういったことを把握することで、より売り上げをアップさせることができるチャンスになります。
調査をしないと開発費用などが無駄になってしまうこともあるので、商品を販売する場合は事前に調べておいた方がいいでしょう。

続いて2つ目は 他の企業のシェアについても把握することができます。

例えば一つの商品に対してどのくらいの力を入れているのか、またどのくらいのシェアを占めているのかなど、今後のマーケティングに関する戦略などに役立つ情報を知ることができます。

続いて3つ目は 競合商品がどのくらい売れているのかなど、売り上げ規模を知ることも可能です。

競合商品に関しては例えばどのくらい売り上げを伸ばしているのか、売り上げを伸ばしているのはなぜなのかなどを市場調査することで明らかにすることができるので、例えば今後商品の開発をしていくにあたって、差別化戦略を検討することが可能です。

その他にも4つ目にできることとしては 市場を構成する企業の数、どんな顔ぶれなのかなどを知ることができる点です。
例えば特定の市場の規模はどのくらい大きいのかなどを知ることも可能ですし、どこの企業が参入しているのかを知ることができます。
新規参入を検討する企業も多いかと思いますが、調査をせずに参入すると失敗のリスクもあるので、判断材料にするためにもしっかりと調査をしてから参入を決めた方がいいでしょう。

このようにできることは大きく分けると4つあります。
様々な調査に対応しているので魅力的です。

市場調査ってそもそもどんなメリットがあるの?


市場調査では様々なことを調べることができ、企業によって調べる内容も異なります。
競合他社について調べたりすることもありますが、商品を購入してくれるのは顧客になるので、顧客の意見が聞きたいと思っている企業も多いのではないでしょうか。
こういった場合でも市場調査なら対応できるので安心です。
では具体的に調査をすることでどんなメリットがあるのでしょうか。

まず1つ目は 第三者の意見を聞けることです。

市場調査では顧客が企業の販売している商品をどう思っているのかという点について詳しく調査することができます。
例えば現在販売されている商品で十分満足をしているというユーザーもいれば全く満足をしていないという意見をくれるユーザーもいます。
市場調査では本音を聞くことができるので魅力的です。

また2つ目は 要望などを聞くことができる点です。

例えば日頃から自社の商品を使ってくれているロイヤルユーザーは新商品を発売する上でとても大切な存在です。
例えば「ここはこうしたらいい」という意見など、要望を聞くことができるので、ロイヤルユーザーに向けて新商品を開発することができますロイヤルユーザーの意見を聞くことで売り上げアップにも繋げられる可能性も高いので普段聞けないロイヤルユーザーの意見を知りたいと思っている場合は市場調査について検討するといいでしょう。

その他にも3つ目は トレンドを知れることです。

近年ではトレンドに乗る傾向があり、流行れば多くの人たちに知ってもらえます。
しかしブームが過ぎ去ると人気だった商品も売れなくなります。
このトレンドというのは企業にとって売り上げをアップできたり、ダウンにつながったりする可能性もあるので見ておく必要があります。
調査をすることで最新のトレンドを調べることができるので企業にとっても安心です。

市場調査の相場を知りたいなら見積もりを有効活用しよう


市場調査を行っている業者は近年増えており、簡単に依頼することができます。
しかし依頼するにあたって注意しておきたいのがそれぞれの業者によって費用が異なる点です。
料金はバラバラになっていることが多いですがある程度の相場は知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

相場を知りたい場合はいくつか方法がありますが、 確実に知りたいなら見積もりを各社に依頼をする方法で行うといいでしょう。

例えば見積もりをすることで細かな金額を知ることができますし、トータルでどのくらい費用がかかるのかを知ることができるので、どのくらいの予算があれば依頼できるのかということを具体的に知ることができます。
また見積もりをすれば相場を知ることができるだけではなく、請求時に想像よりも高い費用を請求されたという失敗も防げるので魅力的です。