マーケティングについての基礎知識

マーケティングとは何か

ビジネスの場ではマーケティングという言葉を頻繁に耳にしますが、マーケティングとはどのような活動を指すのでしょうか。具体的にはリサーチで得た情報の分析、顧客のニーズに合った商品開発や、適切なターゲットに向けた広告宣伝などが挙げられます。そして、商品が実際にどの程度顧客に受け入れられたかを検証することまでを含めてマーケティング活動と捉えることができます。

マーケティングを行う場合、まずリサーチの重要性について認識しましょう。なぜなら製品やサービスを売り出すにあたって、そのニーズや適正価格、ターゲットなどに関する情報を把握していなければ、顧客から支持される商品やサービスを提供できる可能性が低くなってしまうからです。

多くのモノや情報などが溢れている市場の中では、より良い商品やサービスを作るのはもちろん大切ですが、今後売り出したいものが本当に顧客のニーズに合っているのか見極め、商品開発を行うこともマーケティングにおいて非常に重要です。

また、プロモーションも重要なマーケティング活動の一つです。顧客のニーズや流行の予測に基づいて作られた商品であっても、多くの人に認識してもらえなければ販売実績を伸ばすことができないでしょう。そこで広告などによるプロモーション活動が行われます。テレビや雑誌などに広告を掲載するのは昔からある手法ですが、最近はインターネットを利用した広告が主流となってきています。

このようにマーケティングは様々な作業を含んでいます。自社でどのようにマーケティングを行っていくべきか、人員や予算は十分か一度検証してみるのも良いでしょう。

効果的なリサーチを行う方法

マーケティング活動にはリサーチや商品開発、広告宣伝・効果検証などが含まれていますが、その中でもリサーチは顧客のニーズを把握するために行います。

まず、リサーチを行うにあたっては最初に現状の課題をリサーチで把握できそうなものと、難しいものに分類した上で、把握できそうなものに関して調査企画を立てます。その際は、調査の目的や調査の対象、どのような手法を用いるかなど細かい内容まで決めて行きます。

効果的な調査を実施するためには、調査仮説を立てることも有効です。このようなニーズや課題が有りそうといった仮説を立て、それを検証するような調査にすると、調査結果を有効に活用できるでしょう。

例えばサービスの利用者が目標数に達しなかった場合、価格設定に問題があったのか、プロモーションが間違っていたのかなど様々な可能性が考えられます。これらの可能性を整理し、仮説を立てその仮説に基づいて設計を行い、調査を実施するとどのような点に問題があるのかヒントを得られるようになります。効果的なリサーチにあたってはこの点をよく意識しましょう。

リサーチの手法について

顧客のニーズを把握するために実施するマーケティングリサーチには、いくつかの手法がありますが、よく知られているのはアンケート調査です。最近ではインターネットを使ってアンケートを実施できるようになり、調査対象を絞らない場合には低コストで地域を限定することなく調査ができるようになっています。この他、アンケート手法としては郵送調査や訪問調査などもあります。

複数の人が設定されたテーマに沿って話をする座談会という形もあります。アンケート調査で一般的な選択肢の中から回答を得て、回答結果を数値化して分析を行う方法(定量調査)と異なり、座談会は定性調査と呼ばれています。

定性調査とは、座談会の参加者の言葉や行動などのような数値化できない情報を収集し、その中から有益な情報を見出す方法です。商品やサービスを好きな理由やサービスに対する要望など、参加者の考え方をより深く把握できるのが特徴です。

リサーチの方法はいくつかを組み合わせることでより役立つ情報を得られますが、基礎知識がないままリサーチを実施することで、方向性が定まらずコストを費やしてしまい、結果として目的に沿わない内容となってしまう可能性もあります。効果的なリサーチを行うためには、専門の調査会社への依頼するのがおすすめです。その際は多くの実績や経験などを持つ専門の調査会社を選ぶと良いでしょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >