コラム 市場調査

マーケティングリサーチの種類や豆知識について

マーケティングリサーチの種類について


現在日本ではマーケティングリサーチや市場調査が存在しており特にこの二つは同じと思われがちです。
しかし厳密にいえば市場調査はデータや数値で現在の市場動向を調査しているのに対してマーケティングリサーチは今後の市場動向を調べるために予測や分析、考察を行います。
それぞれ調べる内容は異なるので、調査をしたいと思ったら内容に関してどんなことを調べられるのかについて把握してから依頼をするといいでしょう。

ここではその中でもマーケティングリサーチについて紹介をしますが実際に依頼できる調査の種類はどのくらい存在しているのでしょうか。
ここでは調査できる種類について説明をします。
まず1つ目は製品テストを行うことが可能だという点です。
主に調査対象となるのは顧客になりますが製品テストでは実際に新製品を使ってもらいどのような印象を持つのかなどを調べることができます。
それによってどこを改良すれば売り上げアップにつながるのか等も調べることができます。

続いて2つ目は事前事後調査を行えることです。
イベントなどの広告キャンぺーンを実施前と実施後で調査し、それを比較することによって宣伝効果を予測することができる調査方法になりますが、売り上げアップには宣伝効果が重要です。
宣伝を行う場合は調査を行うと良いでしょう。

続いて3つ目の種類はパッケージテストです。
例えば商品を販売するという場合には製品を入れるためのパッケージを作る企業がほとんどですが、パッケージはただ単に製品を入れるための箱や袋ではありません。
例えば色合いや使いやすさ等によって顧客に選んでもらえる可能性もあります。
パッケージも売り上げアップに繋げられる大切なものなのでどのパッケージがいいのか調査をするにはマーケティングリサーチを検討するといいでしょう。
その他にもネーミングテストなどが存在しています。
例えばいくつかの製品の中からどの名前が製品に合っているのかなどを調査する方法ですが、こういったことも顧客に意見を聞いたり第一印象などを見たりなど調査をすることで分かるので印象に残る名前を考えたいと思っている場合は調査するといいでしょう。
このように色々な種類があるのでそれぞれ目的に応じて選ぶようにしましょう。

マーケティングリサーチで失敗しないために


マーケティングリサーチを活用することで様々な情報を手に入れることができます。
企業にとって大切なので専門業者に依頼する企業も増えていますが、専門業者に依頼をしても必ず成功するとは限りません。
専門業者に依頼すれば必要な情報は手に入ります。
しかし、そこから成功に導くためには様々な工夫や努力が必要です。
依頼するだけでは失敗する可能性もあるのでマーケティングリサーチを行うなら事前に計画を立てて行う必要があります。
ここでは大切なポイントについていくつか紹介をしますが、まず1つ目は調査の目的を明確にして途中でぶれないように気を付けることです。
例えば計画をしているとあれも聞きたい、これについてもたくさん聞こうと気持ちがぶれてしまうことがあります。
調査するにあたって本来の目的を忘れてはいけません。
確かに色々な情報を聞き出すことは重要ですがその中でも必要なことは何かというのを具体的に決めましょう。
続いて2つ目は適切な調査方法を選択して正確な情報を手に入れることです。
例えばマーケティングリサーチと言ってもパッケージテストや製品テストなど様々な調査が存在しています。
全ての調査を行えば問題ありませんが、予算的にも全てを依頼するのは難しいと考える人が多いでしょう。
こういったことも考えてなるべく今必要な調査内容は何かということを明確にして決めれば費用対効果を高めることにも繋がります。

調査会社を選ぶときのポイントとは何か


マーケティングリサーチを行うなら専門業者に依頼することが大切です。
調査会社の数は増えているので選び方は重要です。
ここでは選ぶときのポイントについてを紹介します。

まず見ておきたいのが業務カバーの範囲です。
基本的に調査会社によっては対応範囲が異なります。
依頼する側としても無駄な時間をとらないためにも事前に依頼する調査会社がどこまで対応してくれるのかというのは把握しておくといいでしょう。

また選ぶときは調査目的によっても異なります。
例えば企業によっては国内の調査を行いたいところもありますし、中には海外の情報を知りたいと思っている企業もいます。
どちらにも対応できる調査会社かという点も調べておくといいでしょう。

その他にも納期は重要です。
企業によっては短納期を実現してほしいと思っているところも多いのではないでしょうか。
しかし調査会社によっては時間がかかることもあります。
どの程度の納期なのかも事前に把握するのが良いでしょう。