消費実態・需要動向を調査したい

ライフスタイルが多様化した現在。年齢や性別だけではなく趣味・嗜好が与える影響は大きく、商品のターゲット設定も具体的かつ、狭く設定することが欠かせなくなっています。そんな中、マーケティングリサーチを行い、消費者の動向を正確につかむことは、ますます重要視されています。

では、具体的に消費実態・需要動向を調査することでどのようなことができるのでしょうか?

消費実態・需要動向の調査でできること(一例)

消費者ニーズ・ウォンツを明らかにすることができる

消費者ニーズ・ウォンツを明らかにすることで、例えば現状商品が売れている理由・売れていない理由が明らかになるだけではなく、新商品・サービス開発時のコンセプト構築・ターゲット選定の参考にすることができます。

商品Aのユーザーをヘビー・ミドル・ライトユーザーに階層分けして、それぞれの層のペルソナ(仮想ユーザー)を設定することができる

ペルソナ設定することで、ブランド構築・ターゲットの選定だけではなく、ターゲットが好む商品メッセージの発信、販促施策の判断基準として役立てることもできます。

特定の層(人)のライフスタイルを調べることができる

例えば、「30代女性」などの年齢・性別はもちろん、それ以外にも、「●●を好む人」「●●をする人」などの特定の属性を持つ人がどのような特徴を持っているか明らかにできます。新商品開発・販売戦略立案の大きなヒントとなります。

その他にも消費実態・需要動向を調査することで様々な情報を得られます!是非お気軽にご相談ください。

マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること