フィールド調査をしたい

マーケティングリサーチにおけるフィールド調査とは、調査員が実際に現地に赴いて行う調査です。訪問調査や街頭、店頭でのアンケートやヒアリングなどの手法を用いるため、様々なニーズに深く対応することが可能です。

では、フィールド調査を行うことで、具体的にどのようなことができるのでしょうか?

フィールド調査でできること(一例)

ニッチな対象者への調査ができる

例えばその他手法では集めることが難しいニッチな対象者に対しても直接的にアプローチすることが可能です。

消費者の生の声を拾うことができる

来店した人に直接感想を聞くことだけではなく、まだ世に出ていない試作品に対する感想が聞きたいときでも、消費者を会場に集めることで感想を拾うことができます。

広告の認知度測定・クリエイティブチェックができる

ある一定期間対象エリアに訪れた人をネットでスクリーニングし、その看板(広告)自体を見たか、掲示されていた商品のテレビCMや新聞広告を見たか、購買意欲はどうかなどの設問を行うことによって、交通広告・街頭での広告など数値化しにくい広告の効果を測定することができます。

実際に赴かないとわからない現地の状況を知ることができる

例えば、実際の店頭にて行う調査では、対象者の購入状況を調査したり、店舗内の商品陳列の状況や接客サービス等の店舗側の様子を調査したり、現場ならではの実態を把握することができます。また、ネットでは入手できない価格を知ることなどもできます。

一方で、サンプル数をある程度のボリュームで集めようとすると、フィールド調査では費用が高い&短期間では数が集められないなどのデメリットもあります。

フィールド調査を行うことで様々なニーズに対応することができます。是非、お気軽にご相談ください。

マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること