【定量調査】

定量調査とは、アンケートなどの択肢回答形式によって取得したデータを数値化して分析する調査手法を示します。
定量調査は、数値データとして可視化されるため、全体の構造や傾向が把握しやすいといった特徴があります。

また、集計結果が数字で表されるため客観的な説得力があり、他者に対しての説得材料として利用することができます。
なお、定量調査はサンプル数(回答者数)を増やすことで、統計的な調査が可能となり、その代表例として国政調査や世論調査などが挙げられます。

一方、定量調査のデメリットは、あらかじめ設定した質問に対する回答しかわからないことです。
そのため、何をどのように聞くかといった設問設計がとても重要になります。

なお、インターネットの普及以降、Webサイトを活用して実施できるようになったため調査費用を抑えて実施できるようにもなり、仮説を数値化して検証する際に利用するケースが増えています。

マーケティングリサーチ用語集一覧へ戻る

マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること