【競合調査】

競合調査とは、ライバルとなる企業の商品・サービスなどと自社の商品・サービスなどを比較して、様々な事項の分析を行うための調査を示します。
商品・サービス力、販売力(販売チャネル)、価格、立地など、売上高やシェアの拡大のためには、ライバルと比較して、自社もしくは自社商品・サービスの課題・改善点を把握し、改善する必要があり、そのためには競合調査が必要となります。

競合調査の手法は、特定の競合企業への直接的な調査、ユーザーなどを対象とした間接的な調査、文献調査(公開情報の収集・分析)など様々です。
例えば、BtoB向けの商品・サービスであっても、ユーザーを対象として調査を実施することで、自社の商品・サービスとライバルの商品・サービスに対する評価を得ることができ、自社商品・サービスの課題・改善点を把握することが可能です。

マーケティングリサーチ用語集一覧へ戻る

マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること