事例紹介 海外調査

装置メーカーA社の事例(海外調査)

海外市場(東南アジア)における販売拡大を検討している。しかし、現地においてどこに装置の需要があるのか、誰か装置導入において影響力を有しているのかもわからない状況である。このため、これらに関する情報を明らかにし、有力な販売先や販売代理店を抽出することにより、自社の事業計画を決定する上で参考資料としたい。

調査対象先

東南アジア2か国(タイ、インドネシア)での需要先分野の取引先、装置の顧客企業(主要分需要分野)、装置メーカーの販売代理店など

調査手法

4つのフェーズに分けて調査実施

各ヒアリングは調査員がキーパーソンに対する訪問または電話によって実施。

調査項目

装置の主要需要分野に関する見解要
主要需要分野における大手企業に関する企業概要(企業名、事業規模など)
装置の導入状況
装置の選定要因
装置の調達先
調達先の選定要因
装置の主要販売代理店に関する企業概要(企業名、事業規模など)
主要販売代理店の取引先
主要販売代理店における装置の取扱い状況
主要販売代理店における強み

調査期間

4~5か月