市場調査サービス

商圏調査

店舗の運営にあたり重要な商圏(集客できる距離的範囲)に関する情報を収集します。

商圏や商圏の地域特性などを把握しておくことは店舗の方針を決定する上で非常に役立つでしょう。

人口動向の変化や競合店舗の出店により、各地域の需要状況は刻々と変化しています。

このため、新しい店舗を出店したい、既存の店舗のてこ入れを図りたいといった場合、その地域のポテンシャルを把握しておくことはとても重要です。

商圏調査を実施すると以下のような課題の解決に役立てることができます。

商圏調査の活用事例

新規出店における戦略策定

新規出店を検討しているが、対象地域における顧客のボリュームを把握したい。
新規出店を検討しているが、対象地域における消費者の特性を知りたい。
新規出店を検討しているが、対象地域における競合店舗の状況を把握したい。

既存店舗における戦略策定

既存店舗の売上高が伸び悩んでおり、まずは店舗の商圏の確認や商圏における競合状況、顧客のサービス利用状況を把握し、梃入れを図っていきたい。
近くに競合企業の店舗がオープンするが、自社の店舗の売上高にどのくらい影響が出るのか。

既存事業における投資判断

店舗における設備の更新を検討しているが、地域における人口減少が続いており、新たに費用を投下してもよいのかわからない。

商圏調査で把握できること

商圏調査を依頼すると、具体的には以下のような内容の把握が可能となり、企業の抱える課題の解決に活かすことができます。

見込み来店数

商圏調査を実施することにより、商圏内の人口や、地域特性、競合店舗の状況などから店舗における見込み来店数を把握することができます。
商圏のポテンシャルを把握することにより、新規出店の検討、既存店舗における販売戦略、プロモーションの検討、設備の投資判断などに活用できます。

商圏の地域特性

商圏調査を実施することにより、地域住民の年齢、性別、世帯構成、世帯年収などの情報から、その商圏の地域特性を把握できます。
これらの情報を把握することにより、新規出店の検討に活用できます。

競合店舗の状況

商圏調査を実施することにより、商圏内における競合店舗の顧客の利用状況や顧客の特性などを把握できます。
競合店舗の情報を把握し、自社の店舗の情報と比較することにより、新規出店の検討、既存店舗における販売戦略、プロモーションの検討などに活用できます。

調査方法について

調査方法の種類

商圏調査では以下のような調査方法が用いられます。

1. 顧客の会員カードデータなどの活用

割引ハガキ(DM)の利用率、ポイントカードの利用履歴、会員カードの属性情報などの顧客データを地図上にマッピングすることで、自社の商圏エリアを可視化することができます。
どこからお客様が来店しているのかを視覚的に把握することができ、競合店の近くに住んでいる人の来店が少ない、幹線道路を越えて来店する人が少ないなど、 顧客の来店状況を地図上にマッピングするだけでも有益な情報が得られます。

2. 商圏分析用のソフトを活用

国勢調査の人口、世帯数などの情報をベースに専用のソフトを活用して、商圏内人口のボリュームを把握することができます。
例えば、新店舗の候補地を中心とした2km圏内には「人口」が〇〇人、「世帯数」が〇〇戸というような基礎的な情報は瞬時に得られます。

3. ハフモデル分析

ハフモデルとは、米国の経済学者が考案したモデルで、消費者は、近くに立地する大きな店舗へ行く傾向があるという考え方に基づいたシミュレーションモデルです。
店舗を選択する確率を、店舗の「売場面積」と「距離」で推定することができます。

4. 現地確認調査

競合店の営業状況の把握(営業時間や商品構成、価格帯、付帯設備、通行客数、通行客の服装、客層等)は自店の戦略に必要不可欠な情報です。
これらの情報は実際に商圏を歩いて調査することで得られます。

5. アンケート調査

商圏内の住民や、自店舗の来店客を対象としてアンケート調査を実施する場合もあります。 
商圏内の競合店及び自社に対する評価の把握、住民ニーズの把握等ができます。

調査の流れ

1. お問い合わせ
まず、調査をしたい内容についてお問い合わせ下さい。電話やメールのいずれでも対応可能です。 その際は、調査で明らかにしたい内容や予算、期間をお伝え頂けると具体的な回答が可能です。

2. 打ち合わせ・調査設計
担当者と調査の実施にあたってより具体的に内容の設計、実施費用、スケジュールに関して摺合せを行います。
調査を有効なものにするためには、担当者との摺合せが非常に重要です。このため、可能な限りお打ち合わせをお願いします。

3. 調査企画書・見積書の作成
お打ち合わせの内容や問い合わせの内容(打ち合わせを行う時間がない場合)に基づいて、調査企画書と見積り書を作成します。その内容に問題が無ければ、いよいよ調査を開始することになります。

4. 調査状況の確認
調査実施中においては、中間報告会を設定することにより、調査の進捗状況の確認を行うことができます。中間報告会を実施することにより、調査の方向性や品質に問題がないか確認することができ、より有効な調査を実施することができます。

5. 最終調査結果の確認
最終的な調査結果は報告会の実施や報告書の授受によって確認することができます。報告会においては調査実施担当者へ調査結果に関する質問ができ、より具体的な内容の把握を行うことができます。調査内容の品質に問題が無ければ、作業は終了となります。