事例紹介 海外調査

化学メーカーB社の事例(海外調査)

海外市場(東南アジア)においてプラント向け製品の販売拡大を検討している。しかし、対象国における製品の需要やニーズがわからない。このため、これらに関する情報を収集することにより、自社の事業計画を決定する上で参考資料としたい。

調査対象先

インドネシアにおけるプラント運営者。

調査手法

プラント運営者のキーパーソンに対し、訪問または電話によるヒアリングの実施。

調査項目

対象拠点の概要(名前、場所など)
対象拠点の設備数、設備の稼働方式
対象拠点の稼働能力
対象拠点における対象製品の利用状況
対象製品に対する課題
対象製品に関わるコストに対する認識

調査期間

2~3ヶ月