企業が広告調査・ブランド調査などの方法を実践する際は

マーケティングリサーチを行ないたいと考えている企業担当者の方へ


企業がビジネス活動を展開する上で、新たな戦略を策定したり、施策の裏付けを行なったりするためには、マーケティングリサーチを実施し、調査データを収集することも重要になります。
そのような場面では、自社のパートナーとして、市場調査を依頼するのにふさわしい会社を選定することが大切なファクターです。

そうした目的を果たすためには、マーケティングリサーチの内容や調査会社の特徴、費用の相場などに関する情報を収集することがポイントになります。
世の中には、専門のスタッフが、マーケティングリサーチに関するさまざまな質問や相談に応じてくれる業者も存在するので、チェックしてみることをおすすめします。

一口に「マーケティングリサーチ」と言っても、その調査内容は多岐に亘ります。
その中の一つに、広告調査やブランド調査というジャンルが存在します。

企業が業績を伸ばすためには、広告活動を行ない、自社の取り扱う商品やサービスの知名度を高めることが大切になります。
そして、広告活動を展開する上では、ターゲットとなる顧客層に見合った戦略を策定したり、結果として得られたデータを分析して、現状の問題点を把握し、改善策を見つけ出したりする必要があります。
また、自社の製品やサービスのブランディングを行なうことで、他社との差別化を実現したり、付加価値を獲得したりすることができます。
ブランディングに際しては、他社のブランドコンセプトやブランド力を把握したり、広告効果を検証したりする必要があります。
そのように、広告やブランドに関する戦略を策定する上で有用な方法と言えるのが、広告調査やブランド調査になります。


企業が広告調査やブランド調査を実施するにあたってのチェックポイント


マーケティングリサーチにはさまざまなジャンルがありますが、その中でも、広告調査やブランド調査は、広告やブランドに関する戦略策定のために役立つ方法と言えます。

例えば、「新規事業をスタートするにあたって、新たな商品販売やサービス提供を検討しているものの、ターゲット層に対する広告宣伝の方法が決まっていない」「新製品・サービスの開発にあたり、他社の取り扱う製品やサービスのブランドポジションなどを参考にして、ブランドコンセプトを決定したい」といった場合には、広告調査やブランド調査を行なう必要があります。

また、「既存の商品やサービスによる利益を拡大するためには、どのような広告宣伝の方法が有効かを知りたい」「広告宣伝の効果が出ていないので、ターゲット層に与えているインパクトや、ブランドコンセプトの浸透度を把握したい」「自社の製品やサービスに対する消費者のブランドイメージや認識経路を把握したい」など、既存の事業における戦略を策定したい場合にも、広告調査やブランド調査は役に立ちます。

このほかにも、企業が現在抱えている課題をクリアするためには、広告調査やブランド調査の実施によって把握することのできる内容をさまざまな視点から分析して、理解を深めておくことが大切です。


広告調査やブランド調査に関連するその他のコンテンツ


広告調査やブランド調査を実施すると、広告によって自社の製品やサービスを知ることとなった顧客層や、消費者に対するブランドイメージの浸透度などを把握することが可能となります。
そのような方法で収集した情報は、新たな広告やブランド戦略を策定するために役立ちます。

また、広告調査やブランド調査の実施によって、自社ブランドの知名度やブランド力、ブランドイメージなどを把握することができるので、それらの情報によって、競合他社と自社のブランドポジションを客観的に捉えて比較、検討すれば、新たな製品やサービスの開発をはじめ、更なる広告・ブランド戦略の策定を行なうために役立てることが可能です。

続いて、広告調査やブランド調査を実施する場合、その方法にも気を配ることが大切になります。
そのような場面では、一般的に、アンケートを実施するケースが多く見受けられます。
アンケートの実施に際しては、調査対象やサンプル数、比較対象となる競合商品・サービス・企業、質問項目などを設定する必要があります。
また、アンケートを実施する媒体としては、インターネット、郵送などの種類があるので、それぞれの企業に合ったものを選ぶことが大切です。

実際に広告・ブランド調査をマーケティングリサーチ会社に依頼する場合、どのような流れになるのかを把握しておきましょう。
そのような場面では、まず、電話やメールで、マーケティングリサーチ会社の担当者に連絡を取りましょう。
問い合わせの際、具体的な回答を得るためには、調査内容や予算、調査の実施期間などについて、詳しい情報を伝えることがポイントになります。
そして、問い合わせの後には、担当者とさらに具体的な内容の打ち合わせを行なうこととなります。

 

MRCの対応業界・業種を見る >