粘着テープにおける市場概要

様々な用途に利用される粘着テープ

粘着テープはその素材の機能性や粘着の簡便性から、さまざまな分野で使われています。素材や粘着剤の性能向上を背景に高機能な粘着テープが開発され、粘着テープ産業は今や一つの大きな市場を形成しています。

用途分野別を数量ベースでみると、包装分野での利用が多く、建築や自動車分野、エレクトロニクス分野など多岐に渡ります。一方、金額ベースでみると自動車分野やエレクトロニクス分野はより高機能な粘着テープが求められていることもあり、これらの分野の需要が大きくなっています。

粘着テープは種類や分野、用途によって市場規模が異なるため、詳細な情報を得るには、外部の市場調査会社を活用することをお奨めします。各市場規模はもちろん、市場を構成するプレーヤーやシェアなどを把握することが可能となります。

粘着テープの動向を自社の事業戦略に活かしたい方は積極的に活用しましょう。

需要の拡大している分野

現状の場合、エレクトロニクス分野は価格競争が激しく単価が下落傾向にある一方、テレビの大型化に伴う光学用表面保護フィルム向けの需要増加がしています。また、建築分野では新興国の経済成長により、建築用ウィンドウフィルム向けの需要が拡大しています。

加えて特に需要が伸びているのが、医療分野です。先進国を中心に高齢化は伴い、皮膚接合用や布テープ、オストミー用シール向けにおける粘着テープの需要が高まっています。 また、物流分野で利用される梱包用OPPテープ向けの需要が増加しています。これは粘着テープの需要が減退傾向にある国内においても同様の動きがみられます。 なお、粘着テープにおいては環境対応が重要視されています。

各国の環境規制に即し安心して使える製品が求められていることを忘れてはいけないでしょう。

今後の有望性

今後の粘着テープの市場において、特に注目を集めているのが自動車分野です。部品の固定に使われる両面テープや保護フィルムの需要が新興国を中心に増加すると想定されるのに加え、車載ディスプレイの普及に伴い、各種部材の貼り合わせ等に粘着テープが利用されることが見込まれます。

また、医療分野においては高齢化の進展に伴い、新興国での利用も拡大していくことが見込まれています。 もし、粘着テープ市場における最新状況に関する詳細な情報を収集し、今後の有望な分野をいち早く把握したい場合は、調査について専門的な知識を有する市場調査会社に依頼することをおすすめします。調査で得られた情報は今後の事業計画の策定や、新規用途の開拓において役立ちます。

刻々と変化する市場のニーズ変化に対応するためにも市場調査を積極的に実施しましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >