エアコンの概要と市場動向を把握しよう

白物家電・エアコンとは

白物家電とはエアコンをはじめ、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品(筐体が白色であったことが由来)を指します。1950年代の高度成長期に国民の所得が上がり、冷蔵庫や洗濯機といった白物家電と白黒テレビが「三種の神器」と呼ばれ、急速に普及が進みました。

エアコンが日本に登場したのは、三種の神器とほぼ同時期の1950年代です。現在、販売されているエアコンの多くは冷暖房が搭載されていますが、普及し始めた当初は「クーラー」と呼ばれており、冷房機能しか備えられていませんでした。その後、1960年代にはカラーテレビや自動車とともにクーラーは「3C」と呼ばれ、急速に普及が進みました。1970年代に入ると暖房機能も備えたエアコンが開発されました。現在も冷房機能のみを備えたモデルは販売されていますが、ほとんどのモデルは冷暖房機能両方を搭載しており、1年を通して室温を調整できる家電製品として普及しています。

エアコン市場の最近の動向

エアコンは新型コロナウイルス感染症の世界的流行による設備投資の減少や原材料価格の高騰などにより市場が落ち込みましたが、その後需要は徐々に回復しています。こうした傾向は世界的なものです。日本国内においてはダイキン工業やパナソニック、三菱電機などが主要なエアコンメーカーです。

特にダイキン工業においては新型コロナウイルス感染症予防で室内の換気が注目される中、他社に先んじて換気機能を搭載したモデルを販売し、業績を拡大しています。その後、他社のエアコンにもそうした機能が搭載され、競争は激化しています。

コロナ禍の影響は低減されつつあるものの、依然として感染拡大のリスクがあるため、エアコンにおいても換気や給気機能を有した製品が今後も販売を伸ばしていくと見込まれます。

今後の展望について

世界的な温暖化の進展に伴い、これまでエアコンが必要なかった場所でもエアコンの需要が高まることが予想されています。加えて衛生意識の向上も後押しし、2030年頃までの年平均成長率は上昇が見込まれます。特に、世界中の空調メーカーにとって重要な市場に位であるアジア太平洋地域(特にインド)におけるエアコン市場は高成長が期待されています。一方、足元では経済情勢の不透明さがあり、そうした影響がエアコンの需要に影響する可能性があり、注視が必要です。

また、エアコン市場において注目すべき動きは省エネ性能の向上です。経済産業省では、2027年までの家庭用空調機器の省エネ性能目標をより高める方針(冷房時のエネルギー消費効率を現在の13.8%から34.7%に設定)を決定しており、エアコンメーカー各社はその動きに対応していく必要があります。特に省エネ性能目標達成へ向けて、エアコンの運用はAIを活用して最適化していく必要があります。そうしたAI機能向上や開発のための人材育成の注力が、エアコン市場の課題になるといえるでしょう。

このように魅力のあるエアコン市場ですが、こうした分野への新規参入やすでに参入し今後の業績拡大に悩まれている企業は調査会社を活用し、市場調査やマーケティングリサーチを積極的に実施することをお勧めします。現状のマーケット動向や競合の動向など把握することにより、有効な戦略の立案に役立てることができます。こうしたマーケット動向や競合の動向等においては自社で行うことができる情報収集にも限界があります。そこでおすすめしたいのが、プロの市場調査会社への依頼です。マーケティングリサーチコンシェルジュでは、最適なリサーチ方法を提案した上で、専門リサーチャーがどのような相談にも対応しますので、安心して調査を依頼できます。プロのリサーチャーに依頼することによってマーケットをよく理解でき、今後の戦略を検討する上での有益な情報を収集できる可能性が高まります。今後の戦略やビジネスの方向性を決定するためには、プロの手による市場調査を依頼・実施を積極的に検討していきましょう。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >