ビル用・工場用空調設備の概要と市場動向を把握しよう

ビル用・工場用空調設備とは

ビル用・工場用空調設備は導入することにより、温度等の調節が可能となり、その場で働く従業員の労働環境の改善に繋がります。その結果、製造現場では集中力の低下による原因のミスを防ぎ、不良品の減少が期待できます。また、空調設備の温度調節効果により、製造設備の高温に伴う劣化を改善し、設備の寿命を延ばす作用も期待できます。

ビル用・工場用空調設備は、全体空調方式とスポット空調方式に分けられます。広範囲に人員が配置される環境なら全体空調方式、特定の位置に局所的に散らばっているならスポット方式の導入が有用です。

また、形状タイプにおいては埋め込みタイプや床置形や天吊形などがあり、設置場所やメンテナンスのしやすさ等からどのタイプにするか選択する必要があります。

ビル用・工場用空調設備市場の動向

空調設備市場は都市部の再開発の進展が見込まれていることもあり、今後も堅調に推移すると見込まれています。加えて、海外における需要は旺盛であり、世界的にも技術力の高い国内メーカーの実績拡大が期待されています。

また、空調設備は白物家電と異なり、機器設置やアフターサービスの重要度が高く、この点は国内外のいずれも変わりません。国内メーカーにおいてはこうした点も手厚く、顧客ニーズを獲得することができています。

半導体不足の影響などはあるものの、空調設備業界は収益性も安定しており、今後も安定した需要が見込める将来性の高い業界といえるでしょう。

今後の展望について

ビル用・工場用空調設備市場は今後も底堅く、一定の需要を維持すると見込まれています。首都圏を中心に、再開発の案件の活発化に加え、空調設備の入れ替えや改修などの需要も見込めます。こうしたことから、今後の市場規模はある程度安定しているでしょう。

一つ懸念点に挙げられるのが、地球温暖化対策です。稼働する空調設備の台数が増えれば、消費電力の増加は避けられず、これまで以上に省エネを意識する必要があるでしょう。

空調用設備の省エネ対策においてますます重要になっているのが、モーターを適切に制御するインバーターです。インバーターは、空気の温度を調節する冷媒を循環させるモーターの回転数を高い精度で制御できます。インバーターによってモーターの運転を適宜切り替えることによって、省エネ効果が得られます。

こうしたインバーターエアコンは日本において一般的なものですが、世界における普及率は高くありません。

しかし近年は、価格競争力を持ったインバーターエアコンが途上国においても普及しつつあり、省エネ効果の向上が期待されています。

温暖化が進む今日において、ビル用・工場用空調設備の需要が落ち込むことは考えにくく、今後も安定した需要が見込めます。

もし、市場参入を検討する場合は、環境対応など最新のトレンドを把握した上で行うのが良いでしょう。市場調査を実施し、情報収集を行うにあたってはプロのノウハウに基づく信頼できる情報が得られる市場調査会社の利用がおすすめです。積極的に検討してみましょう。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >