オール電化住宅の概要と市場動向を把握しよう

オール電化住宅とは

オール電化とは調理や冷暖房、給湯などの住宅におけるエネルギー源を電力でまかなう住宅を指します。

必要なエネルギー源を電気でまかなうため、ガスを利用する必要がありません。このため、

ガス漏れやガスが原因の火災といったリスクはありません

なお、オール電化住宅の設備としてはIHクッキングヒーターやエコキュート、蓄熱暖房機などが挙げられます。

IHクッキングヒーターはガスコンロの代わりとなる調理機器です。機器内部のコイルに電流を流すことにより、フライパンや鍋を熱します。

エコキュート(ヒートポンプ式給湯器)は電気料金の安い深夜にお湯を沸かし、日中に使う分を溜めておくことにより、電気料金を抑えることができるため、使用電気が増えるオール電化住宅には導入が推奨される設備です。

蓄熱暖房機は内蔵の蓄熱レンガを温めて熱を溜める暖房器具です。こちらもエコキュートと同様、電気料金の安い深夜に蓄熱し、昼間に放熱によることによって電気料金を抑えることが可能です。

 

オール電化市場の動向

オール電化住宅の数は中長期的にみると拡大しています。これは電力小売業の全面自由化が始まり、オール電化事業に参入する企業が増えたことが影響しています。

また、IHクッキングヒーターなど設備性能が向上し、その結果、オール電化住宅を選択するケースも増加しました。しかし、足元においてはウクライナ紛争の影響などに伴う電気代の価格高騰により、オール電化の需要にも大きな影響が出ています。

電力価格は近年においても非常に高い水準で推移しており、そうした状況に変化はありません。住宅においては家族のリモートワークが増えたことも相まって、電気の利用は増えており節電によって電気料金を抑えるのも限界があります。一方、ガスなど他の燃料代も上昇しているため、一概にオール電化が割高とはいえないものの、電気代の上昇はオール電化市場の拡大を鈍化させており、大きな影響を与えています。

今後の展望について

オール電化住宅の需要は、中長期的にみると拡大していく見込みです。特に既築住宅のリフォーム向けにおいては今後も需要が伸びると期待されています。また、既築のオール電化住宅における設備更新の需要も今後も増加すると見込まれています。

また、新築においても電気代高騰による影響はあるものの、エコキュートについては補助金が復活するなど普及を後押しする施策も用意されており、需要拡大を後押しすると期待されています。

一方、住宅における資材の価格は上昇傾向が続いており、こうしたことが住宅市場ひいてはオール電化住宅の市場拡大に影響を及ぼす可能性がある点も留意する必要があります。

このように今後堅調な成長が期待できるオール電化住宅市場は、新規参入の余地がある分野といえるでしょう。しかし、現状の市場状況や参入プレーヤーの動向など市場動向を把握しておかなければ今後の計画も立てづらく、事業の成功もおぼつかないでしょう。

そうした際に重要なのがマーケティングリサーチです。今後の市場動向や競合の動向などより詳細な情報を入手することにより、ビジネスの方向性を決める際に役立ちます。

マーケティングリサーチを実行する際、失敗しないためには市場調査会社の活用がおすすめです。専門的なノウハウや知見を有する市場調査会社に依頼した場合、自社でリサーチを行う場合よりも有益な情報を収集できる可能性が広がります。

マーケティングリサーチコンシェルジュでは、専門リサーチャーによる無料相談を実施しており、正式なご依頼前の調査手法や費用の相談が可能です。市場調査に関連することあればぜひお気軽にご相談ください。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >