自動車用フィルターにおける市場調査

自動車用フィルター業界について

自動車は数多くの部品から成り立っており、色々なところでフィルターが利用されています。

自動車用フィルターには様々なものがあり、潤滑油から摩耗粉などのごみを取り除くオイルフィルター、エアコンの空気をきれいにするエアコンフィルター、あるいは燃料から汚れや水分などの異物を取り除くフューエルフィルターなどが挙げられます。これらの自動車用フィルターを製造する会社は多く存在し、それぞれに独自の製品を生み出して性能を競っています。

各フィルターメーカーは製品の高性能化は取り組んでおり、これまで防臭や防カビ、抗菌といった様々な機能が開発され、製品に搭載されています。また、近年、PM2.5が私たちの健康に被害を及ぼすといわれ、今日の社会問題となっています。

自動車用フィルター業界もそのことに対応し、さらなる高性能フィルターの開発、販売がされるようになってきました。きめ細かさと通気性の両面を併せ持つ新しい濾紙の開発や、防塵機能の強化など、業界各社がフィルターの改良に取り組んでいます。

また、自動車用フィルター業界はフィルターの小型軽量化にも力を入れています。省スペース化の実現や、資源の節約にも繋げ、自動車の省エネ化に貢献しようとしています。このように自動車用フィルターは進化を続けており、新規参入を考えている場合には業界や各社の現状などについてしっかりと市場調査してから参入するようにしましょう。

自動車用フィルター業界の今後

近年、自動車をとりまく環境は劇的に変化しています。これは燃料についてもいえることで、世界的な排ガス規制などからエネルギーのクリーンな利用が求められています。そのような傾向の中で、自動車用フィルターは大気や空気清浄という分野において大きな役割を果たしています。

このため、これらに貢献する高機能分離膜フィルターの売上は伸びてきています。

また、自動車に欠かせないエアーフィルターは、乗用車と商用車では異なるものが利用されています。さらに車両タイプに応じた規格があり、それらに応じるために色々なタイプのフィルターのラインナップが必要となり、需要は堅調に推移すると見込まれます。

但し、排ガス対応フィルターが必要ない次世代自動車(電気自動車など)が台頭すると、需要が減退するリスクは増すので、その動向は市場調査で逐次把握していく必要はあるでしょう。

市場調査の必要性とその方法

自動車用フィルターは安定した需要が期待できる製品ですが、多くの企業が参入しており、その製品開発あるいは技術開発は熾烈なものがあります。

例えば不織布の多層巻きによる高精度でありながら寿命の長いフィルターの開発や、優れた強度、耐久性を持つものなど、各社が工夫を凝らして開発を行っています。さらに、フィルターの種類は多く、どのようなフィルターを開発していくかも重要です。

また、カーエアコンに特化したフィルターなら、どんなタイプの、どのような性能を持つものが良いのか把握し、開発を行った方が良いでしょう。このように市場のニーズに即した製品を開発していくためには、市場調査を行うのが良いでしょう。

自社で製造しているフィルターの性能は他社と比べてどうなのか、あるいは販売において自社製品がどの分野に強くどの分野に弱いのか、将来性の有無といった情報は市場調査をしなければ詳細を把握できません。

 

敵を知り己を知れば百戦して危うからず、ということわざがありますが、まさしくその通りで、市場調査によってこそ自社製品の強みや弱み、市場のニーズに関する情報を把握することができます。

また、自動車用フィルターは、日々進化しており、今後どんな方向性を持って製品を進化させていくのか、市場調査を行うことでそのヒントを得ることも可能となります。

それでは、このような市場調査はどのように行えばよいでしょうか。独自に調査をするという方法もありますが、自社で把握できる情報は限定的であり、非効率的です。 したがって、専門の調査機関に依頼するという方法が非常に有効です。

調査を専門にしている市場調査会社が存在していますので、実績等を比較しながら依頼する会社を探してみましょう。積極的に市場調査会社を活用し、自社の事業発展に役立てましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >