バイオ燃料(バイオエタノールなど)に関する市場調査を行おう

バイオ燃料とは

2015年9月の国連サミットで、持続可能な開発目標(別称SDGs)が採択されました。これは、2030年までに世界規模で抱えている様々な問題を解決し、より良い世界を目指すための目標です。

この開発目標の中には、クリーンなエネルギーを活用していくことが含まれており、エネルギーの活用を見直す動きが広がっています。特に石油や石炭といった化石燃料から、再生可能なエネルギーであるバイオ燃料への移行に関して注目が集まっています。 バイオ燃料とは、穀物や農産物などを原料とするバイオエタノールやバイオディーゼルなどを指します。

バイオエタノールなどのバイオ燃料は、燃焼する際に化石燃料と同様に二酸化炭素を排出しますが、化石燃料と比べると排出量は少ないです。 また、原料となる穀物や農産物などは、成長期間に光合成によって二酸化炭素を吸収しているため、成長時から燃焼時までを通した二酸化炭素排出量は実質ゼロとなり、環境に優しい燃料となっています。

海外では日本よりもバイオ燃料の普及に力を入れている国もあります。また、先進国を中心にバイオ燃料政策を打ち出す国も増えており、化石燃料からバイオ燃料へシフトする世界的な動きは今後も着実に広がっていくでしょう。

特にアメリカでは、生産されたトウモロコシの半数近くはバイオ燃料の原料として消費されるなど、積極的に取り入れる動きが見られます。そのような中で、日本においてもバイオエタノールなどのバイオ燃料業界に関心を持ち、市場調査を行う企業は増えています。

バイオエタノールなどのバイオ燃料業界の今後の有望性

バイオ燃料業界における将来性はどうなのか、この点を把握するための市場調査は増えており、クリーンエネルギーとして注目されるバイオ燃料業界は、多くの可能性を秘めています。 日本においても世界各国と同様、政府主導でバイオエタノールなどのバイオ燃料の普及を推し進めており、主に次世代バイオエタノールの事業化に注力しています。

次世代バイオエタノールとは、非可食の植物繊維質であるセルロースを原料とするバイオ燃料です。 コーヒーのカスや、きのこを育てた後の廃菌床など、これまで廃棄物として処理してきたものを原料にできるため、海外で問題となっている原料の奪い合い(食料用途とエネルギー用途)という課題を解決できる可能性があります。

また、アメリカで行われているようなバイオ燃料用の原料を育てる大規模農場を用意する必要はなく、コストカットの面でも期待されています。加えて、アジアではバイオ燃料用の農地を確保するために森林の伐採が行われている事例もありますが、次世代バイオエタノール事業では農地開発も不要です。

このように次世代バイオエタノールは、バイオ燃料が抱えるあらゆる問題を解決できると期待されており、今後の研究開発と普及に向けた行政支援は拡大していくことが見込まれます。また、日本においては2018年7月に第五次エネルギー基本計画が閣議決定され、再生可能エネルギーの主力電源化が打ち出されました。

こうした低炭素社会化に対応した動きも後押しし、バイオ燃料業界の今後の有望性はさらに高まるでしょう。

バイオエタノールなどのバイオ燃料業界の情報を把握するには

今現在バイオエタノールなどのバイオ燃料業界への参入を検討している、またはすでに参入しておりさらに業績拡大を図りたい場合、欠かせないのが業界の市場調査です。 調査を通して、市場規模の推移やその背景となる要因などを明確にすることは、今後の事業計画を立てる上での判断材料になります。

しかし、自社で市場調査を行うとすれば、インターネット上におけるバイオ燃料業界の情報も限られており、必要な情報を収集できない可能性が高いでしょう。 このため、市場調査を行う際は、調査業務を専門とする市場調査会社に依頼しましょう。

さまざまな企業からの調査案件に対応する専門の会社に頼めば、自社で行うよりも手間をかけずに必要な情報を収集できるため、より効果的な事業戦略を立てることができます。 市場調査会社に依頼することで、どの製品やサービスが売れているのか、エリア別の実績など、事業戦略を立てるために必要な情報を知ることができます。

また、参入している他の企業の動向や今後の市場予測など、専門の会社ならではの様々な情報が収集できます。 バイオ燃料業界に関心を有しているのであれば、積極的に市場調査会社を活用し、有益な情報を収集し、自社の事業拡大に繋げましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >