セラミック素材について市場調査を行おう

セラミック素材とは

セラミックはセラミックスとも呼ばれ、無機化合物を熱処理して焼き固めたものです。昔は陶磁器を指す言葉でしたが、現在では広く窯業製品全般を指すようになっています。

セラミック素材は、ガラス、セメント、陶磁器、レンガ、ファインセラミックスの五つに分かれており、この内、出荷額が最も多いのは建築土木で広く利用されているセメントであり、次に大きいのがガラス、そしてファインセラミックスと続いています。 特にアルミナなどを原料としたファインセラミックスは、集積回路の基盤となる電子部品や断熱材、産業用機械部品といった付加価値の高い分野で採用されており、注目度の高い素材です。

また、電子部品向けにおいては電子機器の小型化・高性能化の進展に合わせ、セラミックス素材の開発も日進月歩で進んでおり、耐熱性や電気に対する絶縁性、あるいは耐摩耗性などに優れた特性を持つ素材が求められています。ファインセラミックス部材の生産額は拡大を続けており、今では多くの工業製品を生み出す上でなくてはならないものとなっています。

セラミック素材の将来性

今やセラミック素材は金属材料、有機材料と並ぶ重要な素材であり、あらゆる産業において活用されています。特に高性能・高精度を有するファインセラミックスはスマートフォンなどの電子機器を中心に欠かせない素材であり、今後も需要拡大が見込まれています。

また、近年ではセラミックス基複合素材(CMC)が開発されており、今後の普及が期待されています。従来の素材と比べ耐熱性や強度に優れ、軽量化にも適しています。このため、航空業界向けではエンジン部品の一部、自動車部品ではグレードの高いスポーツカーのディスクブレーキでの採用が期待されています。

この内、自動車用途においては汎用車への適用も検討されており、今後大きく需要が高まる可能性があります。さらに、原子力関連では、今までジルコニアが原子炉核燃料棒の材料として使われていましたが、これからはCMCが使用できるよう開発も進められています。

このようにセラミック素材の可能性はますます広がっていくことが期待されています。 そのため、セラミック素材関連企業との提携や業界へ参入を検討している企業も多く存在しています。

もし、新規での参入を検討しているのであれば、業界動向等の情報収集は必須といえるでしょう。

セラミック素材における市場調査

セラミック素材業界に関する情報を収集する手段として、一つは関連する情報をネット検索することが挙げられます。但し、こうした手法で収集できる情報量は限られています。

また、セラミック素材の複数あり、それぞれの詳細な情報を自分たちで調べていくとなると、膨大な時間と労力が必要となることが予想されます。そこでお勧めしたいのが、市場調査会社に依頼するという方法です。

調査会社はプロであり、業界の動向にも精通しています。こうした会社に依頼することにより、自社では得られない情報が収集できるようになります。

市場調査会社では業界動向や需要規模、販路など様々な情報を収集可能であり、これらの質の高い情報を参考に今後の戦略を検討すれば、自社の進むべき方向を正しく選択できる可能性が高まるでしょう。

ファインセラミックスを中心にセラミック業界の将来性は高いといえますが、競争が激しい業界でもあります。市場調査会社を積極的に活用し、事業の発展に繋げましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >