CFRPなどの複合材料に関する市場調査を行おう

CFRPなどの複合材料の軌跡

CFRPなどの炭素系複合材料は、軽量で高強度という優れた性能を有する新素材として注目を集めていますが、複合材料の素材となる炭素繊維が本格的に使われ始めたのは1970年代であり、比較的新しい素材です。

使用される原料には、PAN系またはピッチ系と呼ばれる種類の炭素繊維があります。加えて、接着性や耐薬品性に優れるエポキシ樹脂などの合成樹脂を組み合わせることにより、さまざまな用途に使用されています。

CFRPなど複合材料に関して市場調査を実施する際には、現在の利用状況を把握することが大切です。CFRPの始めは、釣りざおやゴルフクラブの柄など、娯楽やスポーツ用途を中心に普及していました。

その後、低燃費実現のための機体軽量化を目指す航空機に使われ始めました。 最初は二次構造部材に使われていましたが、後に重要部材である一次構造材にも採用され、CFRPは高い信頼性を獲得しました。標準品というものがなく、材料の設計が大変重要とされる複合材料は、これまでのいろいろな研究開発によって、娯楽やスポーツから航空機へ、その他にも自動車や風力発電、建築土木関連などへ着々と活用業界を広めています。

さらに、現在はエポキシをはじめとした、熱硬化性樹脂を使用したものと、炭素繊維を組み合わせる方法が主流ですが、樹脂が高価なことや成形や加工などの製造方法に時間を要することなどが課題となっています。そのため、より低コストで生産性に優れた熱可塑性樹脂と炭素繊維を組み合わせたものが登場し、今後の成長が期待されています。

さらなる成長が期待される複合材料の市場

複合材料の市場拡大において、まず大きく期待されているのが自動車分野であり、各メーカーで利用技術の研究が続けられています。

現在、レーシングカーのボディーやサスペンション部品などに採用されているCFRPですが、電気自動車やハイブリッド自動車を中心に、軽量で省エネに貢献する複合材料の採用車種において、大幅な増加が期待されています。 普及に向けては安全性の向上やコストの低減が必要となっていますが、コストの低減については、短時間成形技術の改良による量産化技術の確立が期待されています。

そしてもう一つ期待されている用途が、風力発電のブレードです。洋上風車で使用される大型ブレードはかなりの重量があり、軽量化によるコスト低減を図るため、CFRPが注目を集めています。 なお、CFRPにおける世界的な市場調査予測では、航空機と自動車向けは中国、風力発電向けは欧州や中国において、こうした複合材料の需要が高まると予想されています。

その他、海中パイプや静電対策部品といった用途においても、CFRP、CFRTPの本格的な普及が期待されています。 普及を阻んでいた材料コストや成型技術の問題、リサイクル事情などが今後改善されれば、CFRPなど複合材料の需要は一気に高まり、市場の飛躍的な拡大が期待できるでしょう。

業界に関する情報収集は市場調査会社に依頼する

急速な成長を遂げている複合材料業界は、今後さらに成長していく可能性を秘めています。一方、成長を続けている発展途上の段階であるため、業界の動向を正確に把握し、めまぐるしい変化に対応していくことが重要です。

複合材料の業界における情報をインターネットで検索しても、必要な情報が得られるとは限りません。多少の情報を得られたとしても、数年前のものであったり、すでに周知のものであったりなど、必要な情報を得られる確率はかなり低いのが実態です。

刻一刻と変化していく今の時代に、ベストなタイミングで事業を展開していくためには、インターネットで拾った情報ではなく、最新の情報が必要不可欠です。また、自社で独自に情報を集めようとすれば、その作業に多大な時間と人員を割かなければなりません。

加えて的を射る情報が得られない、収集した情報にバイアスが掛かってしまうという問題もあります。 そうならないためにも、情報収集は市場調査のプロに依頼するのが良いでしょう。

業界に精通し実績のある調査会社であれば、専門的な知識や調査のノウハウも豊富に有し、要望に応じて必要な情報を収集してくれます。 CFRPなどの複合材料業界は、成長をし続けているが故、将来的に企業間競争の激化は避けられません。

市場調査会社をうまく活用し、質の高い情報収集を行うことで他社に差を付け、自社の事業拡大に役立てましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >