商用車の動向を市場調査で把握しよう

商用車需要の現状と将来の動向

商用車は主に荷物を運搬することを目的とした車を指すことが多く、貨物自動車とも呼ばれており、トラックやバンなどが該当します。この他、人の運搬に活用されるタクシーやバスなどが商用車に含まれます。

昨今ではECサービスの発展などにより、物流量が増加してきています。そのような状況の中で、倉庫から搬出した商品を顧客の元へ届けるため、商用車の需要が高まっています。 市場調査によれば、2019年時点での商用車と一般乗用車の販売台数の割合は1対3となっています。今後、さらに商用目的の利用が増し、商用車の販売台数に占める割合は高まっていくと予想されています。

こうしたことから商用車の将来性は有望といえますが、自動車業界のトレンドとなっているCASEへの対応は避けられないテーマであり、今後の成長性を左右する可能性もあります。ではCASEとはどのようなものなのでしょうか。

CASEとは

CASEとは自動車業界で重視されつつあるトレンドの頭文字を取った造語であり、そのうちのCはConnectedの頭文字で、自動車が外のあらゆるものと通信で繋がることを指しています。

具体的にはGPSを活用し、自動車の位置情報から効率的な運行や運搬に繋げるといったことが可能になります。また、自動車同士で通信を行うことで、前走車に後続車が自動で追従する、通信によって道路状況に関する情報を入手し、歩行者の衝突を未然に防ぐといったことも挙げられます。

次にCASEのAですが、Autonomousの頭文字であり、自動運転技術を指しています。市場調査により、商用車の需要拡大が見込まれる一方、ドライバーの成り手が不足していることは国内を中心に大きな懸念となっています。 もし、商用車に自動運転技術を用いることができれば、不注意によって引き起こされる事故を防ぐだけではなく、人員不足の問題も解決することができるため、ユーザー側からは特に期待されている分野です。

CASEのSはShardの頭文字であり、車の共有(シェアリング)を指します。シェアリングサービスは一般乗用車をイメージされることが多いものの、商用車においても一部利用されており、2t、3.5tなどの大型車をカーシェアリングした運送サービスも登場しています。

商用車におけるエコカーとは

最後のEはElectricの頭文字で、具体的には電気自動車を指しています。

電気自動車はエコカーの担い手として今後普及が進むことが見込まれており、これは商用車においても同様です。但し、大型の商用車に関しては、コストや技術の観点から現在活用されているディーゼルエンジン車が残っていく可能性もあります。 商用車においても省エネ・エコ対応は避けられないテーマであり、今後どのようなエコカーが普及するのか注視する必要はあるでしょう。

このように、程度の差はあるものの商用車においてもCASEに関する取り組むは進んでいます。市場調査を実施することで、こうした取り組み状況や自動車業界や部品業界、商用車を利用するユーザー(物流業界等)の動向を詳細に把握することができるようになり、今後の事業戦略を立てやすくなります。また、市場調査を実施するのであれば、業界に精通した調査会社を利用することをお奨めします。こちらの要望に応じたきめ細やかな対応が期待でき、必要な情報を収集できる可能性が高まります。

業界の変化にいち早く対応していくためにも、市場調査の実施を検討してみましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >