コラム ベンチマーク調査

競合企業の調査をしよう

競合企業の調査をしよう


企業の中には市場規模や市場動向などを予め把握した上で商品を開発し、優位に競争に勝ち抜いていく会社がたくさんあります。
例えばタイヤを製造しているメーカーは一つでありません。
タイヤに限ったことではなく、車なども多くの企業が市場に参入しています。
サービスを提供する企業も物を販売する企業と同様です。
例えば現在では電力自由化、ガス自由化によりエネルギー事業に参入する会社はたくさんあります。
このように企業では競合企業と競い合い多くのお客様に自社製品、自社サービスを選んでもらうことが求められるでしょう。
競争に勝ち抜くために商品開発する前の段階で市場調査をし、競合企業の動向などを調べる会社は多いですが、実際に調査をしてもらうことでどのようなことを把握することができるのでしょうか。

市場調査でまず把握できることとして挙げられるのが市場規模とその動向です。
市場には成長しているもの、衰退しているものがあります。
当然、今後長期間安定的な利益を獲得するためには成長市場への参入をしたいと思う企業が多いでしょう。
例えば現在成長市場として注目されているのが、人工知能などのIT、宇宙産業などが挙げられますが、これらの現在の市場規模がどの程度で、今後どの程度伸びていくかを把握することで、参入するか否かの判断材料として用いることができます。

また、市場調査では競合企業の市場のポジショニングを把握することができます。
例えば競合企業各社のシェア率です。
シェア率を知ることで、市場の実態に即した販売計画の立案が可能となります。

競合企業が販売している商品の売り上げなども調べることができます。
例えば売り上げを知ることで、シェア率同様に販売計画の立案に役立てることができます。
また、他社製品の良い点などを自社製品に取り入れて更に利便性を高めるために機能を追加すれば、利便性を求めているユーザーから購入してもらえる可能性が高くなります。

参入する前にはその市場にどのぐらいの競合企業がいて、その競合企業の力はどれほどあるのかを知る必要があります。
例えば特定市場の顔ぶれを知ることでどのぐらい力のある競合企業がいるのか、参入して勝てる見込みがあるかどうかを予め把握することができます。
このように市場調査によって様々なことを把握することができるので、一度新しい市場への参入を検討している方はこの機会に調査の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

消費実態や需要動向も調査することができる


消費者の実態や動向を調査して商品開発に活かしたいと思われている企業もいるのではないでしょうか。
このような実態や需要動向に関しては調査をすることである程度の情報を明らかにすることができます。
例えば商品が売れている理由を知ることができます。
現在では市場の中には爆発的な利益を生み出している商品などが多数あります。
その商品の何が理由で売れているのかを把握することができれば自社商品開発に役立てられる可能性があります。
例えば利便性が高いことで売れているのか、それとも性能が他の競合よりも高いことで売れているのか明確にすることで、自社商品に対して高い性能や利便性を求め、開発を進めることで他社よりも多くの利益を得られる可能性があります。

また、売れているターゲット層なども明確にできるため、ターゲット層の絞り込みなどにも役立てられるでしょう。
商品そのものだけでなく、ターゲットが好みの商品メッセージを把握できることもあります。
商品には選んでもらえるように商品パッケージなどに購入を促す文言が記されています。
もしターゲットが好まない文言が記載されていればその商品を手にとってもらえる可能性が低下し売り上げが低迷していまう可能性があります。
予め好みのメッセージを知ることで商品宣伝や商品パッケージ制作に役立てられるので優位にマーケットへの参入や利益向上を図れる可能性があります。

 

業者の選び方はあるのか?


このような調査を実際に提供してくれる会社はたくさんあります。
そのため、競合企業やマーケットへの調査をしたいと考える企業の中には選定に迷われる方も少なくありません。
ではどのようなところを選択すればいいのでしょうか。

選び方のポイントとして挙げられるのが調査結果のみを提示してくれるだけでなくその結果の疑問に答えてくれたり、要因の分析をしてくれるところを選択します。
疑問に答えくれたり、要因の分析をしてくれるところに依頼をすれば企画の最終的なイメージを持ちやすくなるので、企画立案を効率的に行える可能性があります。

その他のポイントとしては予算や納期です。
予算や納期はそれぞれの会社で異なりますから、どのぐらいで調査は完了するのか、具体的な値段はどのぐらいかかるのかを把握して選定をします。

このようなポイントを参考にして役立てられる情報を提供してくれる調査会社を選択されてみてはいかがでしょうか。

 

MRCの対応業界・業種を見る >