コラム ベンチマーク調査

競合会社について調査するメリットや方法について

競合会社の調査をするメリット


ビジネスを展開していく上で市場動向や競合他社の状況を調べることはとても重要です。
どのような企業と競合しており、競合会社がどのようなビジネスを展開していくのか把握することにより、適切な事業戦略を立てることが可能となり、事業の拡大に繋げていくことができます。

例えば競合他社の状況を把握することによって、これらの情報を基に製品やサービスの差別化に活かすことが可能になります。
差別化はビジネスにおいてとても重要なことです。
他社と類似するサービスや製品を展開したとしても、大きく販売実績を伸ばすことは難しいでしょう。
特に新規で参入する場合、先行している企業の方が有利になることが多いため、先行企業と何らかしら特徴や価格の異なるサービスや製品を提供することによって、差別化を図る必要があります。
差別化を図るためには他社の現状を知ることが大切であり、そのための調査が必要となります。

競合他社の調査を行うと、さまざまな情報を把握することができます。
例えば対象企業の売上高や収益、製品・サービスに関連する情報(価格、仕様など)や事業戦略などが挙げられます。
これらの情報を収集し、自社の状況と比較してみることによって、今後どのように戦略を立て、事業を運営していくべきか検討することができるでしょう。

ビジネスにおいて成功するためには敵を知ることが重要です。
調査を行って競合他社の情報把握に努めましょう。


調査方法について


実際に競合他社を調べるにはどのような調査方法があるのでしょうか。
簡単なものとしては競合会社のホームページや、業界紙・新聞などから情報を取得する方法です。
このような公開されているものでも中には価値のある情報を収集できる可能性があります。
これらの情報を集めて、分析をすることにより、自社の戦略を決定するにあたり役立てることができます。

しかし、公開情報には量・質とも限界があります。
より深く、多くの情報を把握したい際には調査会社を活用する方法があります。

調査会社を活用すると、ヒアリングによって情報収集を行うことができます。
これは、対象先や周辺の関係先などのキーマンに対して調査員がヒアリングを行うものです。
幅広く情報を集めることによって、より質が高く、精度の高い情報を得られるでしょう。
特に数字では表れない定性的な情報の入手は大きな魅力といえるでしょう。
あるいはアンケートという方法もあります。
これは競合の顧客などに対してアンケートを配布して、情報を収集します。
定量的に情報を収集することにより、競合の状況が客観的に把握できるでしょう。
どのように情報を収集するかは把握したい情報次第です。
まずはどんなことを把握したいのか含めて調査会社に相談してみるのが良いでしょう。

調査会社への依頼


競合会社に関する質の高い情報を収集するには、調査会社に業務を依頼すると良いでしょう。
専門業者であれば、リサーチを行うノウハウを有しており、要望に合わせて適切な方法を用いて情報を収集してくれるでしょう。

それでは実際に業者を利用する際の流れを紹介しましょう。
まずは業者に問い合わせをしてみましょう。
問い合わせの際は、実際に調べてもらいたい内容や予算や期間といった概要を伝えましょう。
その後、内容の詳細を詰めるための打ち合わせを行い、最終的には企画書を作成してもらい、見積書をもらいます。
これらの内容をチェックして問題がなければ、正式に依頼をします。

リサーチをしている途中では、中間報告を行ってもらうことも可能です。
これによって進捗状況、調査の方向性等を確認できます。
そして、最終的な結果を報告してもらうのです。

このようにして得られた情報は、自社で分析した上で今後の事業方針を決定するための参考資料として用いることができます。
多くの役立つ情報を得ることができるため、ビジネスにとって大きなプラスになるはずです。
ネット上から気軽にリサーチを依頼できる業者があるので、調べて問い合わせしてみると良いでしょう。