パソコンの概要と市場動向を把握しよう

パソコンとは

パソコンとは、個人向けの利用を目的としたコンピュータ「パーソナルコンピュータ」の略称です。そもそもコンピュータとは計算やデータ処理を高速に行うことができる装置を指しており、現在、パソコンの普及に伴い、プライベート・ビジネスのいずれのシーンにも欠かすことができない機器となっています。

なお、パソコンは大きく分けて、CPUやハードディスク、ディスプレイなどのハードウェアと、Windowsなどのオペレーティングシステム(OS)のソフトウェアの2種類で構成されています。OSにおいては1980年代にマイクロソフト社のWindowsやアップル社のMacOSが登場し、特にWindowsは視覚的でより使いやすいOSとして家庭用として広く普及し、現在はオフィスから家庭まで幅広い用途で、多くの人が仕事や学習、プライベートで活用されています。

パソコン市場の動向

パソコンの国内市場においては世界的な新型コロナウイルス感染症流行に伴い、出勤を控え、自宅においてパソコンを使用して仕事をするリモートワークが新たなワークスタイルとして登場し、パソコンの需要が急増しました。さらに、文部科学省では生徒に1人1台のパソコンまたはタブレットを整備し、一人ひとりに最適化された学習を実現する「GIGAスクール構想」を2023年度に達成目標を掲げていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン授業が増えたことに伴い、計画を前倒しし2020年度に目標をほぼ達成しました。こうした影響もあり、国内のパソコン市場は過去最大の出荷レベルに到達しました。

しかし、そうした需要の反動もあり、2021年以降の国内パソコン市場は減少傾向が続いています。また、半導体をはじめとした部材不足が発生した点も出荷台数の減少に影響を与えました。一方、世界的に見るとリモートワークが定着したこともあり、2021年においてはパソコン出荷台数が増加していましたが、2022年はロシアのウクライナ侵攻などに伴う部材の価格高騰や、アメリカ市場の停滞にもあり、世界的にもパソコン出荷台数は減少傾向になっています。

今後の展望について

2022年においてパソコン市場規模は減少傾向となっており、在庫の処理が進むまでは市場の停滞が続くと予想されていますが、早くとも1~2年程度で底打ちし、回復トレンドに向かうと期待されています。これはWindows11へのOSの移行や、前述のGIGAスクール構想において導入されたパソコンの買い替え需要の発生が期待されているためです。

今後の需要が期待できるパソコン市場ですが、動きの早い業界であり、市場を勝ち抜くには市場調査やマーケティングリサーチを実施し、マーケットの現状や今後の動向を把握することが必要不可欠です。

もし、市場調査を実施するのであれば、専門の調査会社に依頼しましょう。今後の戦略に役立つ有益な情報の収集が期待できます。

マーケティングリサーチコンシェルジュでは、専門リサーチャーが調査に関する相談に対応し、調査目的に応じた提案を行っています。まずは調査の検討も含め、積極的に問い合わせを行いましょう。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >