電子決済サービスの概要とその市場動向

電子決済サービスとは?

電子決済サービスとは、現金の授受を伴わず、ICチップやバーコードを活用した電子データのやり取りによる決済方法です。 電子決済サービスには様々な種類があり、クレジットカード(デビットカード)決済、SuicaやPASMOといった電子マネー決済、LINEpayやPayPayなどのQRコード決済、ネットバンキング決済、モバイル決済などに分かれます。

中でも最近利用が増えているQRコード決済は、スマートフォンや端末に表示されたQRコードを読み取ることで、決済が完了するサービスとなっています。 また、電子決済サービスは決済のタイミングによって、プリペイド方式(先払い)、ジャストペイ方式(即時払い)、ポストペイ方式(後払い)の3つに分類できます。プリペイド方式は主に電子マネーによる決済を指し、事前にチャージしておく必要があります。

チャージ分しか決済できないため、少額の買い物に適しています。ジャストペイ方式は決済完了と同時に口座から代金が引き落とされるため、事前の口座入金が必須です。一方、ポストペイ方式は決済が購入後に行われるので、事前準備が必要ないのが特徴です。

ポストペイ方式の代表的なものとしてはキャリア決済があり、毎月の携帯料金と併せて商品の購入費用等が口座から引き落とされます。

これまではEC業界を中心に電子決済が導入されていましたが、近年はキャッシュレス決済の普及の流れを受け、実店舗でも電子決済サービスを取り入れようと検討する店舗が増加しており、今後の成長が期待できる分野として注目されています。

電子決済のメリット・デメリット

消費者のメリット

消費者は電子決済サービスの普及により、現金を持たずにショッピングすることが可能になりました。また、現金を下ろす時間や手間が節約でき、現金の支払いと比べ、レジでの支払いにかかる時間を短縮できるため、ショッピングに掛かる時間を減らすことができます。

また、購入記録が履歴として残るため、金銭管理にも適しているでしょう。加えて電子決済を利用すると、ポイントが付与されるサービスもあり、現金支払いよりもお得になることもあります。

消費者のデメリット

ジャストペイ方式やポストペイ方式では、現金が無くても支払うことができるという安心感から、ついつい使いすぎてしまうことがデメリットとして挙げられます。

また、クレジットカードの場合は事前審査が必要なので、そもそも利用できない場合があることもデメリットといえるでしょう。

 

店舗側のメリット

まず、電子決済サービスを導入することによって、業務効率化・コスト削減につながります。レジでお釣りを準備する必要はなく、お釣りの渡し間違いなど人的ミスを防ぐことができます。さらに無人レジを導入すればレジスタッフを雇う必要がなくなり人件費を大幅に削減できます。加えて、決済と同時に売上記録を残すことも可能であるため、売上管理の省力化にも寄与するでしょう。

また、売上アップも期待できます。現金の持ち合わせがない人のほか、クレジットカードが無い人でも電子マネーやキャリア決済が利用可能なので、販売機会の拡大が期待できます。特に海外の人々は電子決済が日常的であるため、電子決済に対応することによってインバウンドによる売上の拡大が期待できます。また、現金保有額という制約がなくなることによって、消費者の財布のひもが緩み、現金支払いと比べ多くの購入が期待できます。

さらに電子決済サービスの利用者にのみポイント付与などを行うことで、顧客の囲い込みに繋げることも可能です。

店舗側のデメリット

導入・維持にかかる費用が最大のデメリットです。サービスの利用費用や端末の利用料がかかります。特に決済の度に決済手数料が発生するため、この費用が重荷になるかもしれません。

電子決済の市場規模

一般社団法人キャッシュレス推進協議会によれば、電子決済の普及率は2008年時点では11.9%だったのに対し、2018年には24.1%と2倍以上になりました。電子決済サービスの市場は右肩上がりで成長を続けており、これらのサービスを展開する企業にとってはビジネスチャンスが広がっているといえるでしょう。

一方、電子決済の分野は競争が激化しており、新規参入は容易ではありません。もし、この分野への参入、もしくはシェアの拡大を図るのであれば、競合の状況や利用顧客のニーズの把握が欠かせません。

市場規模の把握も含め、これらの情報を把握できる市場調査会社を活用し、競合他社を先んじるような戦略を立てて実行しなければ、市場を勝ち抜くのは容易ではないでしょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >