食品添加物における市場調査

食品添加物とは

食品添加物とは、食品の加工や保存する工程において添加、混和するもののことです。 なお、ほとんどの食品には、原材料と食品添加物が区別された上で表示されています。

食品添加物は味を調える、保存期間を延ばす、食感を向上させるなどの役割があり、調味料や保存料、香料などとも表示され、厚生労働省によって安全性や有効性を認められたものが、使用されています。 なお、平成7年に食品衛生法が改正された際、489品目の食品添加物がリスト化されており、今日、流通している食品添加物は、すべてこのリストに表記されているものとなっています。

戦後の食料は生鮮食品が主流で、保存できる加工食品などはほとんどありませんでした。保存がきくものは塩漬けの食品や缶詰、梅干しといったものであり、長く保存できる食品はほとんどありませんでした。 しかし、各家庭に冷蔵庫が普及し、保存期間を延ばす添加物が開発されたことによって、日持ちのする商品を考案し販売することが可能となりました。

ハムやソーセージといった加工食品や、プリンやゼリーなどのデザートを手軽に食べることができるようになったのは、まさに添加物のおかげです。 一方、添加物は口に入るものである以上安全性が非常に重要です。

こうした添加物に関する規制や表示義務等は各国によって異なっています。もし、こうした業界に参入したい場合は市場調査を行い、最新の法令や規則等を確認するのが良いでしょう。

品添加物の現状

食品添加物は一般消費者にとって健康を害するものと扱われがちであり、もし、ビジネスで食品添加物を扱うのであれば、そうした点を留意し、情報開示を積極的に行う必要はあるでしょう。 なお、添加物の中でも昔から使われ続けている豆腐を作るための「にがり」、クッキーを作るための「ベーキングパウダー」などは科学的に安全を証明されたものであり、身体によくないと捉えている人は少ないでしょう。

しかし、新しい食感や匂いを再現するため、食品添加物の改良や開発は絶えず行われており、それらの製品の安全性は検証し、公表していく必要があるでしょう。 最近では外国の食品の味を再現する香料を使用したものや、果汁100%をうたった食品などが人気で、本物志向やナチュラル志向も続いていくものと見られています。

安全性のある自然由来の添加物を利用している商品も人気で、売れ行きも良く、今後も上昇傾向が続くと見込まれています。食品のトレンドは移り変わりやすいため、添加物において戦略を立てる際には、現在のトレンドを抑えるだけではなく、今後の動向も考慮して検討しなければなりません。

このため、市場調査を実施し、最新の業界動向を把握しておくことは、食品添加物に参入する際には必須といえるでしょう。

食品添加物の市場調査はリサーチ会社に依頼する

食品添加物に関する市場調査を実施する場合、国内において需要の高い添加物について理解すると同時に、海外の動きを的確に掴む必要があります。これは食品添加物に使われる原材料のほとんどは海外から輸入されているためです。

自社で市場調査を実施することもできますが、情報収集できる範囲に限界がある上、海外における調査も実施しなければならず、作業はスムーズに進まないかもしれません。 しかし、市場調査を専門に行っているリサーチ会社に依頼すれば、国内と海外のいずれの調査にも対応している企業もあり、自社で行うよりもスムーズにかつ、目的に沿った調査を行うことができるでしょう。

食品添加物の最新の動向を把握したいのであれば、リサーチ会社を活用した市場調査の実施を検討しましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >