家庭用ゲーム機の概要と市場動向を把握しよう

家庭用ゲーム機とは

ゲーム機はゲーム用途のハードウェア全般を指す言葉であり、一般的には家庭用ゲーム機を意味します。家庭用ゲーム機はアーケード型ゲーム機との比較でコンシューマーゲーム機と呼ばれる場合もあり、据え置き型と携帯型に分類されます。

家庭用ゲーム機(据え置き型)が急速に普及したのは、1983年に任天堂が開発したファミリーコンピュータ(ファミコン)が登場してからです。1988年にはセガが開発し、処理速度やグラフィック性能が大幅に向上したメガドライブが販売され、市場はさらに活況となりました。

そして1990年には、最大規模のヒットを記録したスーパーファミコンが任天堂から発売され、大ヒットしました。その後、家庭用ゲーム機の性能はさらに高まり、セガやソニーが32ビットのゲーム機(セガサターン、プレイステーション)を発売すると、任天堂が64ビットのゲーム機(Nintendo 64)を発売し、さらにソニーが128ビットのプレイステーション2を発売し、開発競争は激化しました。特にプレイステーション2は従来のゲーム機能に加え、DVDプレーヤー機能も付属されている画期的なものであり、現在のゲーム機の潮流を作った製品といえます。

一方、携帯型においては1989年に任天堂が開発したゲームボーイが登場して以降、徐々に普及しはじめ、現在は任天堂のNintendo Swichが圧倒的なシェアを有しています。

最近の家庭用ゲーム機にはオンライン対戦機能付きのモデルも登場しており、距離が離れている人同士でもリアルにゲームが楽しめる環境が整い、新たな発展を遂げています。

ゲーム機市場の最近の動向

近年の家庭用ゲーム機の市場規模はゲーム機を必要としないオンラインゲームの登場により、国内においては縮小傾向にあります。但し、世界市場でみた場合はまだまだ需要があり、市場が拡大する余地があります。また、ゲーム機用のソフトウェアに関してはダウンロード版も含めると国内においても拡大傾向が続いており、有望な市場となっています。

こうした点からオンラインゲームの普及もあり、従来のようなゲームソフトの利用目的だけのゲーム機の時代は終わりを迎えつつあり、新たな機能や価値が求められるといえるでしょう。

今後の展望について

今後のゲーム機市場において成長の鍵となっているのは、3Dへの対応です。すでに3Dゲームにおける人気は高まりつつあり、今後急激に市場拡大することが期待されています。

すでに業界内のプレーヤーは3Dゲーム開発に多額の予算を投じている状況です。また、仮想空間を構築する技術が発展すれば、さらにゲームの可能性が広がり、ゲーム機における需要が高まるかもしれません。

このようなAR/VRを取り入れたゲーム機の需要は北米や欧州等において大きな成長が期待されており、既存のゲーム機メーカー以外の企業の参入する可能性があり、今後の市場活性化が期待されています。

また、ゲーム以外の付加価値を持ったゲーム機の検討も今後進むと予想されており、そうした製品の登場による需要喚起も期待されています。

このように今後も市場の変化が進むと予想されるゲーム機市場ですが、新規参入を検討している場合は入念なマーケットリサーチが必要です。

しかし、市場調査においては自社で行う場合、リソースなどの問題があり、有益な情報を収集するのは容易ではありません。そうした際に役立つのが専門の市場調査会社です。

マーケットリサーチコンシェルジュでは、専門リサーチャーによる無料相談を実施していおり、適切な調査手法や費用感など、気になる疑問に対して丁寧にお答えします。相談内容はどのようなものでも構いませんのでぜひお気軽にご相談ください。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >