研削機械など工作機械における市場調査

研削機械などの工作機械とは

研削機械とは、砥石を高速で回転させ素材を削って加工する工作機械の一種で、研削盤と呼ばれています。円筒研削盤と内面研削盤、そして平面研削盤があり、研削を行う箇所に応じて使い分けられています。 また、職人がハンドルを操作して作業を行う汎用工作機と、数値情報で指令を出し、コンピューターによって自動的に作業を行うNC工作機械といった分類もあります。

日本においては1950年頃にアメリカで開発されたNC技術を工作機械に応用し、積極的に取り入れた結果、1970年代には日本製のNC工作機は世界市場で高く評価されるに至りました。現在では作業者の経験や技量の影響を受けず加工精度をある程度均一にできること、年々深刻さを増していく労働者不足を解消できることなどを理由に、NC工作機が大半を占めるようになっています。

こうした研削機械を含む工作機械は、自動車や家電製品、スマートフォンなど日常生活に身近なものから、航空機や精密機器まで様々な部品の製造に活用されており、モノづくりの世界において、マザーマシンとも呼ばれており、製造業の基幹を担う部分です。日本は研削機械などをはじめ様々な工作機械において依然、技術優位性を有しており、こうした点が変わらない限り、日本のモノづくりは安泰といえるかもしれません。

市場調査の対応業界・業種はこちら

工作機械業界のこれから

工作機械の需要は、企業の設備投資に対する意欲や計画に左右されるため、景気の影響を受けやすい市場です。近年は中国など新興国の急速な経済発展によって、工作機械の世界市場は拡大を続けてきましたが、米中貿易摩擦などが要因となり、工作機械の需要にも陰りがみています。

また、研削機械においては中国や韓国などアジアメーカーの台頭により、性能面での差が無くなってきており、機能面による製品差別化が必要不可欠となっています。特に無人化または省人化のニーズは強く、自動化やIoT化に対応した製品の需要が高まっていくと見込まれています。

このため、今後の市場調査の予測においても自動車産業を中心に大規模なオートメーション化に対応する業界において、今後の成長が見込まれています。 さらに、研削機械を含む工作機械業界においては、これまでのように機械を単に販売するだけではなく、その機械を有効に活用し、優れた製品を生産するためのノウハウ提供を含めたアフターサービスの充実も求められています。このように工作機械業界においてもユーザーのニーズは刻々と変化しており、こうしたニーズの変化をいち早く掴んだ企業が競争を勝ち抜くことができるでしょう。

市場調査を実施し、トレンドの把握に努めよう

今後も工作機械は時代のニーズに対応し、IoTやAIなどの新技術と融合して発展していくことが想定されます。こうしたトレンドに乗り遅れずに対応していくためには、 市場調査の実施が不可欠です。

インターネット等における工作機械全般の情報は多いといえず、研削機械だけに特化したものとなると有用な情報はかなり少なくなってしまいます。 加えて国内に留まらず、海外の動向を独自で把握するには大変な労力を要します。このため、自社で把握したい情報を正確かつ、より早く把握するには専門業者に調査を委託するのが良いでしょう。

その際は国内外問わず実績のある調査会社に依頼することが大切です。様々なノウハウを持つ市場調査会社に依頼すれば、目的に即した調査を実施してもらうことができ、満足度の高い情報収集が可能となるでしょう。市場調査会社を活用し、最新のトレンドを把握することで、今後の事業運営に役立てましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >