コラム 商圏調査

出店調査とはどのようなものか

新規出店をする前に


新規出店を行い、その店舗において継続的に収益を上げていくためには、事前の情報収集が欠かせません。
出店調査とは出店にあたって必要な情報をできる商圏調査、立地調査、競合店調査などを含んだものです。
商圏調査であれば、商圏を設定し、その地域内における人口や世帯の変化の推移、世帯年収、家族構成などをリサーチします。
立地調査においては店舗の周辺環境、アクセスなどを把握します。
競合店調査においては競合店の存在の有無、店舗内の状況や立地、売上高・既存顧客に関する情報等をリサーチします。
これらの調査で得られた情報は店舗の売上高や収益予測の参考にすることができ、実際に出店を行うかどうかの判断に大いに役立つでしょう。

この出店調査ですが、実施規模は千差万別です。
全国にチェーン展開している企業においては、こうした調査に多くの費用を投じているケースもみられます。
一方、小規模の企業の場合、手に入りやすい資料のみで判断し、出店の結論を出す場合も見られます。
当然のことながら、店舗の成功率には大きな差が生まれてしまいます。

このため、新規店舗を成功させる可能性を高めるには、出店調査は不可欠です。
出店調査を行うことにより、出店候補先周辺の消費者の動向、経済状況、交通アクセスなどの様々な情報をすることができます。
これらの情報を参考にすれば完全に予測することはできなくても、ある程度新規出店が成功するかどうか判断できるでしょう。
もし、新規出店を検討している場合には、出店調査の実施をお奨めします。


適切な立地とは


新規出店にあたっては、どこに出店を行うべきか立地面の検討が重要です。
立地候補先選定にあたっては広範囲のエリア選定から、徐々に地区、地点といったように徐々にエリアの絞り込みを行うのが基本的な手法となります。

エリアの絞り込みにあたっては、どのような顧客をメインターゲットに据えるかを明確にしなくてはなりません。
提供する商品やサービスによって、メインとなる顧客層は変わってくるはずです。
子供向け、大人向け、シニア向け、さらには男女どちらにアピールするかなどによって変わってきます。
ターゲットが決まってくれば、まず対象とする層の多い地域に選択肢を狭めていくといいでしょう。
地域の住民に関する情報(年齢や性別、年収など)は地方自治体などが公表している情報もあり、これらを参考すればエリアの絞り込みに役立つでしょう。

また、立地を決めるにあたっては、アクセスのしやすさも重要なポイントです。
例えば、車や公共交通機関を使って来店しやすいかどうかです。
特に地方においては車での移動が中心であり、対象とするターゲットや店舗の業態にもよりますが、駐車場の有無など車で来店しやすいかどうかは集客に大きな影響を与えるでしょう。
また、車での来店しやすさを考慮すると、幹線道路やその地域の主要道路沿い近くに出店できると、より多くの集客が可能となるでしょう。

一方、アクセスの良い場所は土地代、賃料等が高く設定されているため、出店に掛かるコストも高くなります。
コスト面も考慮しながら、どの程度アクセスの良さを重視するか検討してみましょう。

この他の立地候補先の選定方法

出店の検討にあたっては、立地候補先の属性も考慮する必要があります。
例えばマンションやオフィスの多い都市型の地域なのか、一般住宅の多い郊外型の地域なのかといった点です。
店舗で提供する商品やサービスと、地域属性とのマッチ度合も判断基準としてみるといいでしょう。

また、出店を検討しているエリアの競合状況も出店調査において把握しておくべきことでしょう。
まずは想定商圏において同業種の店舗がどの程度あるのかなどを調査します。
また、競合店舗の状況を詳細に把握することも重要です。
内外装はどうなっているか、取り扱っている商品は何か、接客態度はどうかなどの情報収集を行います。

この他、競合店舗の立地状況や売上・集客状況に関する情報収集し、それらの情報から競合店舗の評価を行いましょう。
競合店舗を多角的に評価することにより、実際に出店を行うかどうかの判断に大いに役立つでしょう。