LED照明の市場、今後の有望性について

LED照明の現状

発光ダイオードを利用したLED照明は、白熱灯や蛍光灯と比べ消費電力が少なく発熱量も小さい製品です。このため、政府は有機EL照明とともにLED照明を省エネルギー化に貢献できる高効率照明として普及を進めています。

経済産業省が策定したエネルギー基本計画では、2020年までに高効率照明をフロー(新たに出荷される照明器具)で100%達成、2030年までにはストック(国内に設置されている照明器具)で100%達成が目標となっています。

国内照明メーカーはこれらの目標を受け、既存の照明の生産終了とLED照明等への切り替えを推し進めています。加えて水銀による環境汚染防止の法律に伴い、基準値以上の水銀を使用している蛍光灯や水銀灯は2020年12月31日以降に製造と輸出入が原則として禁止となったこともあり、蛍光灯や蛍光ランプの生産終了を発表するメーカーが増えています。

この結果、LED照明の普及は進み、一般用の照明器具においては、フローベースでLED照明の占める比率が100%になると見込まれています。このため、今後はストックベースでどれだけ100%の普及率に近づけることができるかに焦点が移っています。

LED照明の今後

LED照明が広く普及したことに伴い、価格競争は激化しています。このため、販売数は今後も増加すると見込まれているものの、金額ベースでみた場合、大きな増加は見込めないとみられています。

加えて、白熱灯や蛍光灯などと比べてLED照明は製品寿命が長いため、買い替える回数は少なくなります。こうしたこともあり、国内におけるLED照明の市場は中長期的みると成長は鈍化していくと予想されています。

2019年10月の消費増税に伴う新築住宅市場等への影響、2020年の東京オリンピックに向けた建設ラッシュの終了などにより、足元のLED照明市場は停滞リスクが高まっています。

一方、今後もLED照明への切り替えが遅れている既存施設の潜在的需要、都市部を中心に再開発案件の需要などが見込まれ、需要が大きく低減することはないと予想されています。 また、国内市場は安定しているものの、大きな市場拡大は見込めないため、今後はLED照明の普及が遅れている海外への展開が期待されています。

もし、LED照明業界に関心を有している企業であれば、今後の成長が見込まれる海外の市場調査は必須といえるでしょう。

LED照明について市場調査を行おう

LED照明業界に関する情報は、インターネットや省庁の資料等でも把握できますが、より詳細かつ精緻な情報を把握したい場合には専門の調査会社を活用し、市場調査を行うのがお奨めです。

市場調査会社は、企業が把握したい内容に合わせて、調査の手法や調査費用を決定します。依頼が初めてでどのように調査を実施していいのかわからない場合にも、専門のコンサルタントが丁寧に対応してもらえます。市場調査を行うと市場規模や将来の有望性に関する情報を収集できるほか、どのような製品が求められているのかヒントとなる情報も収集できます。

これらの情報は今後の投資や事業戦略の立案、新規参入等を検討している方にはとても有益なものになるでしょう。

LED照明の動向に関心を有している方は積極的に専門業者を活用し、市場調査を行って情報の収集にあたりましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >