LED材料(サファイア、窒化ガリウムなど)における市場調査

LED材料について

省エネルギーで、小型そして長寿命であるLEDは、一般家庭の照明からディスプレイのバックライトに至るまで、幅広い用途に活用されています。LEDは発光ダイオードとも呼ばれ、使用する材料によって様々な光を発します。なお、LEDの材料には主にサファイアや化合物半導体、窒化ガリウムなどが挙げられます。

LEDにおける画期的なできごととしては、日本の研究者の貢献によって青色LEDが実用化されたことでしょう。青色LEDを作成するには、高品質・高純度な窒化ガリウム結晶の作成が長年課題となっていましたが、日本の研究によりこの課題を解決し、高輝度な青色LEDの作成が可能となりました。青色LEDの開発によって、LEDは信号や表示灯をはじめ、ディスプレイや照明機器など様々な用途で利用が可能となりました。

市場調査によれば、LEDの需要は今後も拡大すると見込まれており、その材料も需要拡大が期待できるでしょう。

LED材料の今後の有望性

LEDにおいて現在注目されているのが深紫外LEDです。深紫外LEDは、殺菌作用を持つ光を発するLEDで、細菌やカビなどに働きかけてその増殖を防ぐ効果があります。

現在だと、水銀ランプが医療や食品加工における殺菌目的で主に利用されていますが、点灯に時間が掛かる上、消費電力が大きく、その寿命も短いという弱点があります。一方、深紫外LEDは、省エネルギーかつ短時間で利用を開始でき、水銀ランプよりもはるかに長い時間の使用に耐えるため、今後の利用拡大が期待されています。

さらに医療や食品加工の現場での利用の他、エアコンや加湿器といった家電や自動車における衛生環境の改善や、スーパーにおける生鮮食品の鮮度保持、美術館における絵画などの劣化防止といった新たな用途も生まれています。

このようにLEDの用途が広がり、需要が伸びていけば、サファイアや窒化ガリウム、その他の化合物半導体といったLED材料の需要も伸びていくことが期待でき、有望度も高まるといえるでしょう。

市場調査会社を活用し、LED材料に関する情報を収集しよう

近年、建物内部でLEDを使って農作物を育てる屋内農場が注目されるなど、ますますLEDにおける需要は高まっています。このため、LED材料においても有望な成長市場と見込み、各社がしのぎを削っていますが、成功の鍵を握るのが発光効率のよい化合物半導体を、いかに低コストで量産できるかです。

こうした技術は日進月歩であり、その動向を常にモニターする必要はあるでしょう。加えて、新たな用途の開発動向についても常にアンテナも張り巡らせておく必要があるでしょう。 しかしながら、こうした情報を自社のリソースだけで常にフォローしていくのは時間と労力がかかります。このため、市場調査会社を活用し、定期的に市場調査を行い、最新情報を把握しておくことが重要です。

市場調査会社であれば、最新情報だけでなく、課題や問題点の洗い出し、今後の動向や将来性を背景要因なども含めた情報収集が可能です。新規参入の検討やすでに参入しており、さらなる事業拡大を図る場合には、市場調査会社を積極的に活用し、事業拡大に繋げましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >