産業用ロボットの市場、今後の有望性について

産業用ロボットの普及

我が国においては、近年多くの分野でロボットの活用が進んでいます。中でも製造現場で利用されるロボットは、すでに多くの工場で導入されています。

このような産業用ロボットの普及は年々拡大しており、将来はさらなる市場規模の拡大が見込まれます。このように需要が高まった背景としては、産業用ロボットを導入する企業の拡大が挙げられます。今までは大手自動車メーカーや大手電気機械メーカーの製造現場での利用が主たるものでしたが、近年ではさまざまな分野の中小企業においてもロボットの導入が進んでいます。

これまでロボット導入には高いコストがかかるだけでなく、稼働スペースの確保などの問題がありました。しかし、低価格化、小型化によって導入しやすい環境が整い、産業用ロボットの普及が進んだのです。 また、近年では人と共に作業を行う協働ロボットの利用も進んでいます。

協働ロボットはセンサーによって人と一緒に働いても危険がないように設計されており、人が直接手を使ってロボットに作業を教えることも可能となっています。 産業用ロボットを導入することで、企業はこれまで以上の生産性を生むことができるようになりました。日本をはじめとする先進国では今後人口が減少し、労働者も少なくなると予想されています。

このため、各企業においては労働力不足を解消する手段として産業用ロボットへの期待はますます高まっています。

産業用ロボットの今後の有望性

現在、産業用ロボットは中国などを中心に世界的に導入が進められています。国際ロボット連盟の発表によると、産業用ロボットの世界の販売台数はこの数年増加傾向が続いています。

これは高騰する人件費の影響もあり、ロボットを導入し、より効率的に生産を行おうとする動きが強まっていることが要因となっています。今後もこうした動きは続くとみられ、産業用ロボットの市場は拡大が続くとみられています。 また、最近の産業用ロボットのトレンドとして、IoT化やAI化が挙げられます。

IoT化は産業用ロボットの稼働状況を、インターネットを介してシステムで管理することにより、工場内のロボットの故障検知や効率的な生産に役立てることができます。

また、AI化は画像認識技術等を活用し、人が細かく操作を設定せずとも、ロボットが状況に合わせて適切に作業を行ってもらうことができるようになり、利便性の向上に繋がります。 こうした技術が成熟してくれば、作業員のいない完全自動化工場も視野に入ってきます。

このため、今後、こうしたロボットのニーズがますます高まることは間違いなく。産業用ロボットの有望性は非常に高いといえるでしょう。

新規参入にあたっての情報収集方法

このように産業用ロボットの有望性は高いため、新規参入を検討される企業は少なくないでしょう。しかし、業界動向に関する情報を把握せずに新規参入を検討することは困難です。

まずは業界動向や参入メーカーの状況に関する情報を収集しましょう。情報収集にあたってはインターネットの活用、新聞記事の収集などがありますが、それらで得られる情報には限界があります。

ロボット関連の展示会に参加し、情報を収集する方法もありますが、これも得られる情報は限定的です。自社で精度が高く、かつ詳細な情報を収集するのであれば、専門の市場調査会社を活用することがお奨めです。外部の調査会社を活用することにより、自社では得られなかった情報が収集でき、参入の検討にあたって多いに参考になるでしょう。

産業用ロボット業界は今後も成長が期待できる分野です。市場調査会社も活用しながら、新規参入を検討してみましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >