電子ペーパーに関する市場調査を行おう

電子ペーパーの特徴

電子ペーパーとは、紙と同じように扱える表示メディアを指します。この電子ペーパーの開発は1960年代から始まり、電子ペーパーに採用されている主要な方式である電気泳動方式のディスプレイも1969年には特許が出願され、現在に至っています。

電子ペーパーにおいては紙の特徴である薄さや軽さ、見やすさに加えて、自由に書き換えができるという電子ディスプレイの長所を合わせて持っています。 また、消費電力の少なさも特徴です。電力を消費するのは画面を更新する時のみで、次の更新まで画像は保持され、常態表示に電力は使用されないため、大幅な省電力が実現されています。

また、視認性にも優れており、視野角が180度と広く、バックライトを持たない反射型表示なので目に優しく、明るい屋外でもしっかり見ることができます。 電子ペーパーのメリットはペーパーレス化の実現であり、コピー用紙やインクなどにかかるコストの大幅な削減が可能です。加えて、場所や時間に縛られず文書の閲覧や編集、共有が可能となり、業務の効率化における効果も期待できます。

なお、書類保管に場所を取らず、書類を探し出すのも検索機能で済み、アクセス制限や閲覧制限をかけるため、セキュリティ面の強化にも活用できます。 また、電子ペーパーの普及が進むと、使用される紙が少なくなり、森林伐採のスピードが緩和やゴミの減少が期待でき、環境対策にも有効と期待されています。

このように電子ペーパーには様々な特徴があり、今後の普及が期待される製品といえるでしょう。

電子ペーパーの普及

電子ペーパーが普及し始めたのはこの10年くらいです。2008年頃の電子ペーパーは基本的にモノクロ表示であり、写真やWEBページの閲覧には適しておらず、電子書籍向けが中心でした。その後、2013年頃にはワイヤレスで書き換え可能なため値札の張り替えの労力が減らせることから、スーパーの電子棚札に利用され始めました。

それをきっかけに需要が広がり、日本でも白と黒に加え、赤色でも表示される電子棚札が登場しています。また、工場での作業工程の進捗を更新管理や、倉庫内の集荷や仕分けに使用する情報ラベルとして利用されるなど、少しずつ用途を拡大しています。

さらに、最近では半導体技術の進展に伴う薄型化や軽量化の実現、フルカラー化の実現や残像の解消など、見やすさも大きく向上しています。このため、電子ペーパーは、幅広い分野で使える表示メディアとして活用され始めています。

例えば、バス乗り場の時刻表や交通標識、お店のメニューボードなど、24時間表示が必要なものや時間ごとに書き換えとなるものに電子ペーパーが活用されています。また、デジタルサイネージにおいては1枚分のスペースで1種類のものしか見せることができない紙と異なり、時間ごとに画面を切り替えられ、常態表示時には消費電力が掛からないというメリットを最大限に活用できる用途として期待されています。

さらに広がる電子ペーパーの可能性

電子ペーパーの用途はさらに拡大を続けています。フルカラー化や大型化の実現により、海外では模様や絵をパネルに映し出す空間演出、壁紙や床面といったインテリア向けにも利用されています。さらに紙のように折り曲げられるものも登場し、腕時計や洋服にまでニーズは拡大しています。

このように元々はペーパーレスを目的に開発が始まった電子ペーパーですが、現在では単なる紙代替に留まらず、その可能性はさらに広がっています。 一方で、その可能性を活かすことができる有用な市場を見つけ出すことが大切です。そのため、市場調査は必要不可欠ですが、インターネットで検索をしても、電子ペーパーの市場に関する情報はあまり多くありません。

これでは刻一刻と変化する市場動向を把握するのは容易ではありません。 このため、お奨めなのが専門の市場調査会社の活用です。電子ペーパーの業界に精通した担当者が、これまでの知見を活かして市場調査を実施してもらうことができるため、自社にとって有益な情報を得られる可能性が高いです。

もし、電子ペーパーの業界に参入するのであれば、電子ペーパーの有するさまざまな特性を生かした市場に見いだすため、市場調査のプロである調査会社に業務を依頼し、その情報を参考に業績拡大に繋げていきましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >