地熱発電における現況

地熱発電とは地熱流体を使用した環境に優しいエネルギー

地熱発電とは、地球内部のマグマの熱エネルギーを利用して行う発電システムです。 発電の動力源にはマグマによって温められた地熱流体(蒸気)を活用します。地熱流体とは火山や噴気孔といった地熱地帯の地下数km深部にある「マグマ溜まり」に、地上で降った雨や雪が地中に染み込み、マグマ溜まりの熱によって温められ、地下1km~3kmの比較的浅い場所まで上昇したものです。

この地熱流体が溜まっている場所を「地熱貯留層」といいます。地熱発電においては、地熱貯留層から地熱流体を抽出し、そのエネルギーによりタービンを回転させることで発電します。

 

地熱エネルギーは半永久的に利用できる天然資源

地球は体積のおよそ99%が1,000℃を超える熱の貯蔵庫です。この豊富な熱エネルギーが失われるまでには何十億という歳月がかかるといわれており、半永久的な供給が期待できます。日本においてはこの地熱エネルギーが豊富にあり、今後の活用が期待されています。

また、地熱エネルギーによる発電には以下の特徴があります。

● 火力発電や原子力発電と異なり、自然エネルギーが動力源となる。

● 輸入に頼らず、純国産エネルギーとして利用できる

● 風力・太陽光など、他の自然エネルギーと比較して天候依存がない。

● CO2排出量が少ない。

こうした特徴から、地熱発電は他の発電方法と比べ、環境に優しく、かつ安定的に利用ができる方法といえるでしょう。

2030年の導入目標に向けた新規開発案件が進捗中

地熱資源ポテンシャル世界3位である日本において、地熱発電は安定したベースロード電源と期待されています。経済産業省においては2018年策定の「第5次エネルギー基本計画」に基づき、2030 年までに地熱発電の設備容量を累積およそ150 万 kWを目標に掲げており、現在さまざまな開発が進められています。

近年の地熱開発としては、岩手県安比地域・秋田県小安地域などで大型の新規開発案件が進行中です。また、2019年5月には、岩手県の山葵沢・秋ノ宮地域で23年ぶりに大規模地熱発電設備が稼働しました。

しかし、現状の開発状況では2030年の導入目標を達成するのは難しいとみられており、さらなる開発の検討が期待されています。

地熱発電の市場調査はマーケティングリサーチコンシェルジュに問い合わせ

脱炭素化が求められている中、環境に優しい地熱発電は国内に留まらず、世界中で需要が高まっています。もし、地熱発電に関する製品やサービスの参入を検討するのであれば、現在の市場動向の把握は欠かせません。

そうした市場調査を検討するのであればマーケティングリサーチコンシェルジュに相談してみましょう。経験豊富な担当者が費用、期間、内容に応じて、適切な調査プランを提案します。

新規参入を検討しているのであれば、積極的に問い合わせしてみましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >