需要が高まっているロックシステム

ロックシステム(オートロックシステム)は、そのセキュリティの高さから様々なマンションやビルなどに導入されています。物件選びにおいても、ロックシステム付きを条件にしている方も多いでしょう。 今回の記事では、ロックシステム(オートロック)の概要や、ロックシステム市場の動向などを簡単にご紹介します。

 

ロックシステムとは

ロックシステムとは、いわゆる「オートロックシステム」のことを指し、ドアが閉まると同時に自動で施錠するシステムのことです。こうしたロックシステムは、中規模~大規模マンションやオフィスビル、ホテルなどを中心に利用されています。

なお、ホテルの場合は、各部屋に導入されるケースがほとんどですが、マンションやオフィスビルにおいては、エントランスの利用が中心です。 エントランスにおいては、不審者やセールスなどを居住スペースや執務スペースへの侵入を防ぐことができ、セキュリティの大幅な向上に繋がるため、ロックシステムが広く利用されています。

 

ロックシステムの種類

ロックシステムには複数の種類が存在します。 代表的なものは、以下のようなものです。

 

集合キー式

エントランスに設置されているロックシステムを、鍵で解錠するタイプであり、マンションなどでよく見られます。 ちなみに使用する鍵は各戸の鍵と同じものもあれば、エントランス専用の鍵を使用する場合もあります。

 

暗証番号式

暗証番号式のロックシステムであり、0~9の数字を入力して解錠するタイプです。このため、物理的に鍵を持ち歩かなくて済み、鍵を紛失するデメリットが解消できます。

なお、暗証番号は入居者自身が決める場合もありますが、あらかじめ決められている場合もあります。賃貸住宅の場合は後者であることが多いです。

 

カードキー式

カードキー式のロックシステムは、その名の通りカードキーで解錠するタイプのものです。種類はカードキーの磁気部分を読み取る「磁気カード式」、ICチップを読み取る「ICカード式」があり、いずれもカード型であるため薄く、カードケースなどに入れておくことができるため、持ち運びに便利です。

オフィスビルなどでは、このカードキー式のロックシステムをよく見かけます。

 

指紋認証式

このタイプは、入居者の指紋を認証することにより解錠するものです。鍵のように複製できないため、かなり強固なセキュリティ性が特徴です。

主にマンションやオフィスビルにおいて使用されていますが、最近では自動車のロックにも使用されてきています。

ロックシステムの現況

昨今は、マンションやオフィスビルなどにロックシステムを導入するのが、当たり前になりつつあります。これは、入居者の防犯に対する意識の高まりからと言って良いでしょう。マンションの物件探しにおいては、オートロックの有無で物件の絞り込みを行うケースも少なくありません。

最近では各戸に後付け可能なロックシステムなども登場してきており、オートロックの需要は増しています。さらに、スマートフォンを活用して施錠・解錠ができるオートロックシステムも登場しています。

ただし、こうしたロックシステムは通信が傍受され、他人が施錠や解錠ができてしまうという脆弱性も指摘されており、こうした点は今後の普及における課題となるでしょう。 このため、当面はセキュリティ性に優れる鍵やカードキーを使用したロックシステムの利用が中心となりますが、将来的には利便性に優れるスマートファン型のロックシステムが台頭すると見込まれています。

市場調査で今後のマーケティングに役立てよう

刻々と変化するロックシステムの最新状況を把握するには、市場調査の実施が欠かせません。市場調査を実施することにより、最新の市場規模・市場動向などを把握することができます。こうした情報を活用することにより、有効なマーケティング戦略や事業戦略に立案に役立てることができます。

しかし、自社で市場調査をするケースにおいてもネットで収集できる情報は限られており、必要な情報を収集するには大変な労力を費やすことになるかもしれません。 そこで積極的に活用するべきなのが、市場調査会社です。自社では調査しにくい情報であっても、市場調査会社に依頼すれば収集できる可能性が高まります。

有効なマーケティング戦略を立案し、事業拡大に繋げていくためにも市場調査会社の活用を検討しましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >