コラム 市場調査

正確な情報を知るための市場調査会社がもつメリットは

情報の正確性を高めていくために


マーケティングには、いろいろな方法があります。
いかに物を売れる仕組みを作るのかがマーケティングの要といえますが、これは簡単なことではありません。
誰もが何とかできるのではないかと思うものですが、うまくいかないからこそ、試行錯誤を繰り返しています。
しかし、一つ確実なことは、売る人、作る人がおり、買う人、使う人がいるということです。
どんな素晴らしい理論ができあがったとしても、この関係は崩れることがありません。

この関係を具体的に考える上で、市場調査をするということが挙げられます。
これは市場がいったい何を求めているのかを知り、適切なものを投入するというマーケティング手法です。
必要とされているものがわかるので、間違いなく売れるものを販売することができるようになります。
正確につかむことができればできるほど、この可能性は高まり、確実なものにすることができます。
だからこそ、市場調査会社を利用することにメリットがあるといえます。

この市場調査の正確性を上げていくためには、数値を出さなければいけません。
非常に重要なポイントで、数値で出すことによって揺らぎはなくなります。
マーケティングという観点から言うと、こういった正確な数値のデータを基にして、一体何をどうするべきなのか、言葉で表すことになります。
これが大きな意味を持ちますが、素人が市場調査を行うと、どうしても数値の部分が曖昧になり、言葉で表すことに終始してしまいます。
より客観性のあるデータにするためにも、プロの知識とノウハウを持つ市場調査会社に依頼をする方が、得られるメリットが高くなることは間違いありません。

事実調査と仮設調査


市場調査をするということは、2つのことを考えることになります。
1つは、一体ニーズは何かということを明らかにするということです。
つまり、真実という部分を探ることになるでしょう。
事実調査とも言われますが、これは現在の状況を知るということにつながります。
自社や他社の製品に対して、周囲が一体どんな印象を抱いているのか、それを知るということです。
現状を知ることができれば、将来も予測することができます。
過去の失敗ということも見えてくるようになるでしょう。

もう一つが、仮説調査です。
仮説を立てて検証をするということですが、例を挙げると、今なぜ売れないのかということを知るのは一般的な部分です。
例えば、自社のゲームが売れない理由はオリジナル性が乏しいからなのではといったことを仮説として考え、立証するために調査を進めます。
この仮説が正しいことが立証されれば、次の商品はもっとオリジナル性を上げればいいということになるでしょう。
もちろん、こんな簡単なことではありませんが、立証することができることは大きな意味を持ちます。

こうした調査をすることを考えても、素人では難しいことが分かるでしょう。
事実調査をするにしても、何かに偏れば精度は狂います。
仮説を立てるとしても、誘導してしまうようなことが少しでも起きれば、この立証をすることができなくなるでしょう。

だからこそ、市場調査会社に依頼して、余計な概念を持たずに調査を進めることが必要です。
中立であるということが、正確な情報を得るための重要なポイントであることが分かるでしょう。

情報をつかんだものが近道を知る


市場調査会社に依頼できるのは、国内だけに限りません。
海外の市場などを知るというのは、大きなメリットになるでしょう。

なぜならば、市場というのは国民性や地域性が大きな影響を与えるため、日本から海外を見た場合、それを理解することは難しいからです。
自分の知らない地域の市場を知るというのは、非常に困難であることは間違いありませんが、市場調査会社であれば、こうしたことも可能です。
自分たちの力ではできないことも調べることができるからこそ、依頼する価値が出てくると言えます。

市場調査など必要がないという考えの経営者も存在します。
市場で求められているようなものではなく、もっと高い技術と性能をもって投入すれば、必然的に売れるという考え方です。
今まで存在していなかったものを投入するということは、意味があるかもしれませんが、それを知ることは容易なことではありません。
今の世の中に、そのようなブルーオーシャンは数少ないからです。
どんな業界でもできるわけではないということもあるでしょう。

ならば、情報を収集してニーズを発見し、分析した中で、新たなブルーオーシャンを見つけるというほうが現実的と言えます。

市場で求められているものも、今の市場にないものを作るということも、それを購入する人がいるということに違いはなく、結果として、目指していくところは同じです。
そのアプローチが異なるだけのことなので、うまく情報を活用できるように専門の市場調査会社を利用するというのも一つの選択肢です。
どちらにしても、的確なニーズの情報をつかんだものが勝利への近道をたどることができるからです。