コラム 市場調査

デジタル時代におけるマーケティングリサーチの重要性

企業がライバルとの競争に勝ち残るためには


世の中の仕組みがよりデジタル化し、変化の動きが早まる中、企業を取り巻く環境の厳しさは増すばかりです。
そのような状況の中で、企業が他社との競争に勝ち残るためには、質の高いマーケティングリサーチを実施することも大切です。
マーケティングリサーチで得られた情報は、自社の現状を把握して将来を展望し、新たな戦略を策定するために活用することができます。

また、それぞれの企業によって、事業規模を維持、拡大するための課題は異なります。
マーケティングリサーチを行うことにより、そこで得られた情報は一つひとつの企業が抱えている課題をクリアするために役立てることが可能です。

例えば、自社の製品やサービスの売り上げが思わしくない場合、問題の原因が分からなければ解決策を見いだすことができません。
そうしたケースでは、同じジャンルの製品やサービスを扱う企業の中で、業績が好調な企業に関する情報を収集し、参考にするのも一つの方法です。
例えば、先行企業の販売状況や販売戦略などの情報を収集し、好調な要因を炙り出すことにより、自社の問題点や問題解決方法が発見できるでしょう。

さらに、企業が新たな戦略を策定するにあたっては、市場環境の動向を踏まえた上で検討することも重要です。
例えば、同じ製品やサービスを取り扱うにしても、国内と海外では市場環境が異なります。
もし、海外でのビジネス展開を考えるのであれば、現地の市場動向や競合企業の取り組み、新たな販路の開拓に役立つプレーヤーに関する情報などを収集し、事業戦略に役立てるのもよいでしょう。

このように、マーケティングリサーチを実施することにより、変化の早い現代においても最新の情報をウォッチすることにより、他社との競争に打ち勝つことができるようになるでしょう。


マーケティングリサーチのメリットと種類、選び方について


デジタル化が進展し、各企業は従来よりもスピーディーに大量の情報を収集することができるようになりました。
それらの情報をどのように活用するかは、企業がビジネス活動を展開する上で死活問題ともなります。
何ら危機感も目的意識も持たずにただ漫然と日常業務をこなしているだけでは、ライバルとの厳しい競争に勝ち残ることが難しくなります。
日常業務で得られた情報を生かしていかに事業拡大に繋げていけるかは、企業が生き残るためには重要なことでしょう。

また、すでに何らかの問題を抱えている場合、現状に対して手をこまねいているだけでは事態が好転しないでしょう。
現在直面している問題の原因を早期に究明することで、問題解決のためのスタートを早く切ることも可能になります。
そうした問題解決において役立つのが、マーケティングリサーチなのです。

ひと口にマーケティングリサーチと言っても、一般的な市場調査からニーズ調査、ベンチマーク調査、顧客満足度調査、海外調査などに至るまで、さまざまなバリエーションがあります。
これからマーケティングリサーチの実施を検討するのであれば、それぞれの調査の特徴を理解した上で自社の現状に照らし合わせ、優先度を付けた上で実施していきましょう。


マーケティングリサーチの実施と調査結果の活用方法


企業がWEBアンケート等を活用してマーケティングリサーチを実施する場合、自社のスタッフだけで調査を行なうことも可能です。
但し、目的に応じた情報を収集するには調査設計力も必要となります。
また、得られた情報から価値のある情報をピックアップするなど精査力も必要です。

一般企業ではこうした専門的なノウハウを有しておらず、対応が難しいケースもあります。
そのような問題を解決するには、専門のノウハウや知識を持つ信頼できる業者に調査を依頼するのがお奨めです。
プロに依頼することで、より有意義な調査が可能となるでしょう。

次に、マーケティングリサーチを実施し、得られたデータをどのように役立てるかという問題も生じてきます。
こちらも、一つひとつの企業によってさまざまな活用方法があります。
例えば、新規事業を開始するにあたり、参入を検討している市場の動向、製品やサービスの内容、参入企業やその販売先といった情報を収集すれば、新たな戦略を策定するために役立つでしょう。

なお、市場調査はマーケットリサーチとも呼ばれるため、マーケティングリサーチと混同されやすいものです。
基本的に、市場調査は、現在の市場動向を調査するものです。
その一方、マーケティングリサーチは、市場の現状を把握するだけではなく、将来の動向に関する情報も収集することを意味しています。

企業にとって、過去から現在に至るまでの経緯を知ることも大切ですが、すでに過ぎ去ってしまったことはどうにもならないというのも事実です。
したがって、現在までの経緯を分析しつつ、今後どのように市場が変化するのか情報を収集することにより、将来における有効な戦略を策定できるでしょう。