鉛電池に関する市場調査を行おう

かつては稼働時間やメンテナンスの問題など、多くの課題を抱えていた鉛電池(鉛バッテリー)ですが、現在は長時間の稼働・長期寿命に対応し、自動車やフォークリフトに採用されています。そんな鉛電池のマーケットに関心を有している方へ、ここでは鉛電池の基礎知識や最近の市場動向などをご紹介します。

鉛電池とは

鉛電池とは電極に鉛を用いた二次電池です。なお、二次電池とは充電を行うことにより繰り返し使うことのできる電池のことです。一方、乾電池などの使いきりの電池は一次電池と呼ばれます。鉛電池は自動車に広く利用されるなど、二次電池においてもっともポピュラーで歴史のある蓄電池です。

ただし、同じ二次電池でも、スマートフォンやノートパソコンのバッテリーなどにも使用されているリチウムイオン電池などと比べると、大きくて重い点が若干のデメリットだと言われていました。 一方、寿命については経済産業省が2012年に発表した資料によると、鉛電池は17年(充電回数3150回)となっており、ニッケル水素電池の5年~7年(2000回)、リチウムイオン電池の10年(4000回)、NAS電池の15年(4500回)と比べると、もっとも長く利用できる電池です。 なお、寿命期間を過ぎた電池はまったく使えなくなるわけではありませんが、蓄電容量が減少していきます。

一般的には寿命期間の70%ほどに蓄電容量が減少すると言われていますが、これはメーカーによって異なり、50%もしくはそれ以下まで減少するものもあります。

鉛電池の市場動向

電池市場をみた場合、鉛電池は市場の半数程度を占めているともいわれ、リチウムイオン電池とともに主要な電池と位置づけられています。 特に主要用途であるフォークリフトにおいては、特定特殊自動車排出ガス規制(オフロード法)の強化に伴い、排気ガスが出るエンジン式から鉛電池を用いたバッテリー式へ移行が進み、今ではエンジン式よりも鉛電池を用いたフォークリフトが主流となっています。

なお、フォークリフトのバッテリー利用においては排出ガスがゼロになる反面、稼働時間が短く、メンテナンスが必要といった課題もありました。そこで各種メーカーは、バッテリー式フォークリフトにおける最適な鉛電池の開発にしのぎを削った結果、1日あたりの稼働時間は10時間以上にのび、4時間ごとに急速充電を1時間行うサイクルでも、約4年は使用できるレベルまで進化しました。

さらに近年は体積あたりの容量が向上し、リチウムイオン電池と比較した際に、コスト面で大きく差を付けるものも登場しており、鉛電池は絶えず進化を遂げています。

市場調査サービスで競合を知り、マーケティング戦略を練ろう

自社で鉛電池に関する情報をネット上で調べようとしても限界があります。どのようなメーカーが、どのような製品を、どの用途に販売しているのか自力で調査するには大変な労力を費やすことになるでしょう。そこで活用したいのが市場調査会社です。

鉛電池のような市場調査が難しい業界・ジャンルでも、市場調査会社に依頼すれば、その道のプロが調査を行い、事業拡大の参考になる有益な情報を収集します。それらの情報を活用し、有効なマーケティング戦略と立てることができれば、他社に先駆けて事業拡大をさせることができるかもしれません。

新規参入や事業のさらなる拡大を図るため、有効な施策を検討している場合には市場調査会社の活用を積極的に行いましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >